TradeLens|IBMとMaerskによるブロックチェーン国際貿易プラットフォーム

ブロックチェーン

 

ブロックチェーンプラットフォーム「TradeLens(トレードレンズ)」をIBMと共同開発しているA.P. モラー・マースク(以下、Maersk)は世界最大規模の海運企業として125カ国に拠点を持っています。

 

コンテナ船を基盤に業績を拡大し、世界各国で石油・ガス開発事業に取り組んでいましたが、近年ではタンカー事業など事業売却にも成功しており、時代にあわせて事業投資を行っているのが特徴です。

 

事業ポートフォリオの組み替えによって新たなビジネスへの投資資金を捻出するMaerskですが、コンテナ船事業は事業の柱として好調を維持しています。

 

・追記

 

2020310日にはイギリスのスタンダード・チャータード銀行がトレードレンズに参加を発表しており、インドネシアの税関といった国家機関も含め、150組織以上がすでにプラットフォームの利用を行っています。

 

Maerskについて

 

 

アフリカやオセアニアをはじめとして全世界の航路で幅広いシェアを獲得しており、ULCS(ウルトララージコンテナ船)の導入も世界に先駆けて行いました。

 

【ULCS(ウルトララージコンテナ船):全長1,310フィート 幅177フィート】

 

ULCSによってユニットコストの削減や燃費改善が実現され、収益性の改善にいち早く取り組めたのも、事業売却による投資資金の捻出によるところが大きいといえるでしょう。

 

投資負担といったリスクがあるもののULCSの導入によっていち早く価格競争の施策を打つことができ、業界第2位のMSCクルーズとアライアンスを組むといった取り組みも行われています。

 

TradeLensについて

 

 

積極的な先行投資と戦略によって業績拡大に取り組んでいるMaerskですが、2017年3月にはIBMと協働で海運事業に関するブロックチェーン開発を発表しました。

 

2018年1月には合併会社を設立し、同年8月にはオープンプラットフォーム「TradeLens(トレードレンズ)」を共同開発したことを明らかにしています。

 

このプラットフォームは世界234拠点で運用が計画されており、下記の港湾や税関当局が参加しています。

 

税関当局

 

オランダ
サウジアラビア
シンガポール
オーストラリア
ペルー

 

船社

 

Hamburg Sued(ドイツ)
PIL(シンガポール)
ジム・インテグレーテッド・シッピング・サービス(イスラエル)
高麗海運(韓国)
南星海運(韓国)
ボルダ・ラインズ(スペイン)
シーボード(アメリカ)

 

フォワーダー・陸送業界

 

Agility(タイ)
CEVA Logistics(スイス)

 

TradeLens導入の実例

 

 

TradeLensは貿易に関する書類処理を電子化し、リアルタイムで輸送情報を確認できるサービス「クリアウェイ(ClearWay)」を開発しています。

 

このようなブロックチェーン技術によって書類のやり取りだけでなく、コンテナの重量や温度などのデータも瞬時に行えるようになるのです。

 

税関当局や運送業者、港湾、フォワーダーは機密性を損なうことなく情報共有が可能となり、MaerskとIBMの取り組みは日々進化を遂げています。

 

テスト運用では資材の出荷にかかる時間短縮やコンテナの在り処といった課題が解決されるなど、すでにその実用性が確認されいます。

 

FASAHとの統合運用について

 

 

その一例が、サウジアラビア税制当局が運営している「FASAH」との統合運用です。

 

「FASAH」はサウジアラビア貿易において各企業と政府機関を結びつけるプラットフォームとしてすでに実用化されており、ブロックチェーンの導入によってさらなる海運事業の発展を目指しています。

 

MaerskとIBMはサウジアラビア税制当局から専門性や独自システムとの連携を学ぶことができ、世界的なシステム連携がすでに行われていることが確認できています。

 

国際海運業界をリードするMaerskとIBMの取り組みに今後も注目が集まります。

 

参考事例

 

「メガ級船舶、メガ級積載量、メガ級のチャンス到来」(https://www.cordstrap.com/ja/About/News/-/

「ジム/トレードレンズ参加。マースク主導の電子PF」(https://www.jmd.co.jp/article.php?no=245452

コメント

タイトルとURLをコピーしました