TokenSoft|トランスファーエージェント登録やTezosブロックチェーン導入について

STO

TokenSoftは、将来的なビジョンとして自動化された投資銀行を掲げており、米国におけるトランスファーエージェント登録やTezosブロックチェーン導入について今回は解説していきます。

 

TokenSoftは、セキュリティトークンの配布・転送機能を実装したホワイトラベルプラットフォームとコールドウォレットを採用したカストディサービスを提供しています。

 

・50か国以上の証券法に対応し、認定投資家、購入者の適格性を確認するシステム(数日間で30,000を超える投資にも対応)

 

・発行および二次取引でのコンプライアンス要件の管理を可能にする管理システム

 

・デロイト、EY、PWCなどの監査法人との協力による国際的な規制への準拠を支援する監査対応システム

 

そして、TokenSoftは規制当局、国際的な法律事務所、取引所などとの協議を経て、ERC-1404を設計しました。

 

ERC-1404は、適用される規制要件内で証券、ステーブルコイン、およびその他の資産担保トークンを発行するオープンスタンダードなプロトコルであり、TokenSoftは金融市場でのブロックチェーンの採用を促進させることを目指しています。

 

ブロックチェーンを活用してコンプライアンス要件を自動化し、証券の管理の効率化を実現しているTokenSoftはどのような取り組みを行なっているのでしょうか?

 

TokenSoftがセキュリティトークン市場にもたらす付加価値について

 

・TokenSoft Investment Accounts:高度な管理サービスとユーザーエクスペリエンスの提供
・Knoxウォレット:セキュリティトークン用に設計されたコールド・ウォレット機能搭載のカストディサービス
・DTAC LLC:上記の2つの高度なサービスを提供できるトランスファーエージェント(TokenSoftの子会社)

 

TokenSoftは、セキュリティトークン管理サービス「TokenSoft Investment Accounts」を提供しています。

 

これまで多くのプラットフォームがセキュリティトークン発行を担い、その多くはプロトコルの機能やテクノロジーの新規性によって、マーケットのシェアを獲得してきました。

 

しかし、管理サービスにおけるユーザーエクスペリエンスに関しては充実化が図られることなく、より良いクライアントサービス、付加価値、投資管理ツールを提供することを目指しTokenSoftは「TokenSoft Investment Accounts」の開発を進めてきました。

 

「TokenSoft Investment Accounts」は、発行体とその投資家に、多くの拡張機能を提供します。

 

・従来、証券会社が用いるような投資管理ツール(近未来型の投資家体験)
・財務、その他の開示を投資家に提供する発行体向けの統合レポート

 

また、セキュリティトークン管理サービスにおけるユーザーエクスペリエンスの向上と同時に、セキュリティトークン用に設計されたコールド・ウォレットでのカストディサービス「Knoxウォレット」の提供もTokenSoftは行っています。

 

Knoxウォレットは、ERC-20、ERC-1404、DS-20(Securitize)、ST-20(Polymath)、R-token(Harbour)を管理することができ、ビットコインやイーサリアムにも対応しています。

 

安全なセキュリティトークンの発行・管理に向けて

 

“I think it’s a key piece of infrastructure that the industry has ignored up until now, and this puts it on the map as a key piece of infrastructure that’s necessary to service digital securities.”

 

とCEOのMason Bordaは述べているように、セキュリティトークン市場における保管サービスとして「Knoxウォレット」は活用が見込まれ、今後の市場の健全な発展にとってもなくてはならない重要なセキュリティインフラとなることでしょう。

 

そして、TokenSoftの新しい子会社である「DTAC LLC」は、米国証券取引委員会(SEC)からトランスファーエージェントとして登録を受けています。

 

SecuritizeやHabor(Bitgoに買収)もトランスファーエージェントとして登録を受けており、セキュリティトークンの配当支払いや所有者記録の管理や移転といった業務を行うことができます。

 

“We’re building all the things you need for an automated investment bank,”

 

“DTAC can help companies go straight to IPO by managing shares on the blockchain. We do have all the pieces necessary.”

 

とCEOのMason Bordaは述べているように、TokenSoftは自動化された投資銀行に必要なすべてのものを開発し、DTAC LLCはトランスファーエージェントとしてブロックチェーンによるIPOプロセスの効率化を支援するとしています。

 

投資銀行ビジネスはテクノロジーを活用した業務効率化によって、最適化を図る取引みが進められており、これまで投資銀行が担ってきたキャピタル・マーケッツ業務などのトークン化への対応にTokenSoftは今後、取り組むと考えられます。

 

「DTAC LLC」は、TokenSoft Investment Accounts、Knoxウォレットといった優れた技術力を活用し、安全かつ高い利便性を兼ね備えたトランスファーエージェントとして今後のセキュリティトークン市場でも重要な役割を担うことでしょう。

 

Tezosブロックチェーンでのセキュリティトークンの発行サポートについて

 

また、Toeknsoftは2019年7月にTezosブロックチェーンを利用したセキュリティトークン発行のサポートを開始しています。

 

これによってToeknsoftを利用する発行体はTezosブロックチェーンを利用したセキュリティトークン発行を行えるようになり、投資家はKnoxを使用して安全にセキュリティトークンを管理できるようになります。

 

米国においてTezosプラットフォームを利用したSTOは増加しており、TokenSoftを介したSTOも全体の25%〜35%がTezosブロックチェーンで行われています。

 

SecuritizeやtZEROがTezosのプラットフォームを利用してSTOを実施し、ラテンアメリカ最大の投資銀行であるBanco BTG Pactual S.A.とドバイの資産運用会社Dalma CapitalによるSTOにもTezosブロックチェーンは利用されています。

 

Tezosの特徴
・形式検証
・オンチェーンガバナンス:90日サイクルでのアップデート

 

Tezosブロックチェーンは、形式検証を採用していることからスマートコントラクトの安全性が高いとして、近年ではセキュリティトークンの発行のみならず、フランス憲兵隊サイバー犯罪部門の経費管理にも用いられるなど、多くの分野で活用が行われています。

 

90日サイクルでのアップデート機能がプロトコルに組み込まれており、3回の投票を経て、80%の賛成があれば合意を得られたとして自動的にハードフォークします。

 

Tezos オンチェーンガバナンスによるアップデートの歴史

 

・Tezos 004 Athens:Gas Limit、ステーキング条件緩和

賛成:99.89%

 

・Tezos 005 Babylon:合意形成アルゴリズム改良(EmmyからEmmy+へ)、スマートコントラクト強化(エントリポイントのサポート)、デリゲーション手続きの単純化

賛成:84.53%

 

・Tezos 006 Carthage:Gasリミット緩和、スマートコントラクトVM命令の強化、細かいバグ修正、プロトコルのコードクリーンアップ

2019年11月に提案され、2020年3月にアップデート

 

・Tezos 007 Delohi(?):匿名化技術 zk-SNARKsのスマートコントラクトへの導入、プログマブルステーキング、投票システムの改良、新ストレージサブシステム

 

・Tezos 008、009:PBFTベース合意アルゴリズムへの移行、Layer2ソリューション対応、Prediction marketによるプロトコル改訂案の評価と報酬決定

 

参考文献:https://www.slideshare.net/camlspotter/tezso-and-onchain-governanace-towards-kyoto-amendment

 

プロトコルが90日間のサイクルで更新されていくために開発者にとっては多くの確認業務が必要となりますが、今後はアプリ開発者・ユーザーに対する周知や新しいプロトコルの事前テストを実施していくとしています。

 

ちなみにTezos 014はKで始まる都市名がプロトコル名に採用されることから日本の京都(Kyoto)がその候補として注目されています。

 

TokenSoft Tezosブロックチェーン導入のメリット

 

Institutional Grade Smart Contracts:Tezosブロックチェーンは、形式検証を採用し、定期的にスマートコントラクトをアップデートします。

 

Secure Custody:形式検証されたマルチシグネチャスマートコントラクトによって、高度なセキュリティを実現。これにより、コールドウォレット導入とスマートコントラクトの管理が可能になります。

 

Familiarity:FA1.2プロトコルには、ERC-1404から着想を得たいくつかの機能が含まれているため、銀行、証券、および税法に関しては、管轄区域ごとに要件を適用できます。

 

Upgradability:Tezosは、関係者がプロトコルをアップグレードでき、新しい技術機能をスムーズに採用し、最先端のサービス提供を可能にします。

 

Tezosブロックチェーンは、セキュリティトークン市場に高レベルのセキュリティと拡張性を提供します。

 

TokenSoft 将来性

 

安全で高度なセキュリティトークンサービス:TokenSoftは、TezosマルチシグネチャとFA1.2スマートコントラクトの導入によって、Tezosブロックチェーンでより安全なサービスを提供することができます。

 

国際コンプライアンスサポート:TokenSoftは、56か国で銀行、証券、税法に関するコンプライアンスサポートを提供した経験があります。

 

セキュリティファースト:TokenSoftは、マルチシグネチャのコールドウォレットテクノロジーをSTO市場にに導入した最初の企業です。インフラストラクチャのすべての部分は、セキュリティファーストの思想のもとで設計および実装されています。

 

経験:ブロックチェーンテクノロジーにおける20年以上の経験を組み合わせたTokenSoftチームは、現在および将来のランドスケープの進化に合わせて、デジタルセキュリティ戦略をサポートする知識を有しています。

 

・参考文献

 

TokenSoft

Tokensoft | Security Token Platform
Building infrastructure to automate investment banking of security tokens on blockchains for equity, funds, real estate, and fixed-income debt. When reputation ...

TokenSoft Scores Transfer Agent Registration to Build ‘Automated Investment Bank’

TokenSoft Scores Transfer Agent Registration to Build 'Automated Investment Bank' - CoinDesk
Crypto startup TokenSoft is closing in on a key regulatory seal of approval as it seeks to build an investment bank for the age of tokenization.

TokenSoft Launches Self-Managed Investment Accounts For Security Tokens

TokenSoft Launches Self-Managed Investment Accounts For Security Tokens
TokenSoft, a leading security token issuance and asset servicing platform, announced it is launching TokenSoft Investment Accounts as a technology solution prov...

TOKENSOFT GLOBAL MARKETS, LLC

BrokerCheck - Find a broker, investment or financial advisor
BrokerCheck is a trusted tool that shows you employment history, certifications, licenses, and any violations for brokers and investment advisors.

Automation in Investment Banking

Automation in Investment Banking - InvestmentBank.com
The largest technology companies in the world are throwing their capital at automation and artificial intelligence. Even the hamburger flipper is becoming fearf...

次世代の投資銀行構築に向けて

https://www.eyjapan.jp/industries/financial-services/banking-and-capital-markets/topics/pdf/2017-01-24.pdf

TokenSoft Launches Crypto Custody Service for Security Tokens

TokenSoft Launches Crypto Custody Service for Security Tokens - CoinDesk
TokenSoft is rolling out what it bills as the first cold-storage multi-signature wallet designed specifically for security tokens.

TokenSoft Launches Transfer Agent Support Tool for Crypto Securities

TokenSoft Launches Transfer Agent Support Tool for Crypto Securities - CoinDesk
TokenSoft is launching a new tool to help token issuers comply with securities requirements.

Knox Wallet: Crossing Airgaps with QR Code Streams

Knox Wallet: Crossing Airgaps with QR Code Streams
When handling digital assets like Bitcoin, Ethereum, and ERC20 tokens, the first challenge is ensuring that private keys controlling the…
Tezos Tokyo | 仮想通貨テゾスのステーキングサービス
Tezos Tokyo(テゾス東京)はテゾスのステーキングサービスです。テゾス(XTZ)の保有者は自分のウォレットからデリゲートすることができます。テゾスはビットコインやイーサリアムに続く第三世代ブロックチェーンです。Delegation Service|TezosTokyo.com
Protocol 006_PsCARTHA Carthage — Tezos (master branch, 2020/05/13 23:21) documentation

コメント

タイトルとURLをコピーしました