Securrency|サウジアラビアでセキュリティトークン発行プラットフォームプロジェクトを開始

STO

Securrencyは、ブロックチェーンと既存の金融インフラストラクチャをシームレスに統合できるように設計されたオープンフレームワーク「Securrency Interoperating System」を構築しており、下記のような機能を提供しています。

 

・Securrency Identity™

Know Your Customer(KYC)
Know Your Wallet™(KYW)
Know Your Transaction(KYT)

上記の機能を組み合わせレガシーなID検証・認証サービスを補完、置き換えます。

 

・Securrency RegManager™

Rules Engine

複数の管轄区域の規制を体系化し、トランザクションのコンプライアンス確認を自動化することで、一貫したコンプライアンス検証を可能とするユーザーフレンドリーなインターフェイス。

Compliance Aware Token™ framework

 

・Securrency InfinXchange™
分散型台帳と銀行ネットワーク、およびその他の金融サービスのシームレスな価値移動をサポートするAPI対応機能。

 

Securrencyは、様々な管轄区域のコンプライアンスに対応し、相互運用性を兼ね備えたセキュリティトークンプロトコルを有する企業であり、「Securrency Interoperating System」は、あらゆるタイプのブロックチェーンと従来の金融システム間を統合し、金融市場を新たなフェーズに導きます。

 

今回は、Securrencyが手がけるサウジアラビアでのセキュリティトークン発行プラットフォームについて解説していきます。

Securrencyのこれまでの取り組み

Securrencyは、2018年10月に、セキュリティトークンプロトコルであるCATプロトコル(CAT-20およびCAT-721)を発表。

 

CATプロトコルで作成されたセキュリティトークンは自己管理型であり、ライフサイクル全体でコンプライアンスを保証し、サービスプロバイダー同士が相互運用可能で台帳に依存しないプロトコルとして活用が見込まれています。

 

CATプロトコルは、Securrency独自の「Decentralized Investment Banking Services (DIBS):分散投資銀行サービス」にサポートされており、グローバル市場でコンプライアンスに対応し、セキュリティトークン発行の効率、透明性の向上を実現します。

 

Securrencyは、2018年当初からアラブ首長国連邦の金融センターであるアブダビグローバルマーケット(ADGM)・RegLabサンドボックスにおいて、RegTex™テクノロジーの実証実験を実施してきました。

 

RegTex™テクノロジーは、KYC / AML / KYWといった基本的なコンプライアンスサービスのみならず、CATプロトコルを利用した「Compliance Aware Token™ 」の発行によって、ブロックチェーンに対応した資本市場の発展を実現します。

 

※ Compliance Aware Token™:特許出願中

 

「Compliance Aware Token™ 」は、規制とトランザクションに関するルールをコンプライアンスレイヤーに組み込み、米国および世界各国で法規制に準拠したセキュリティトークンを提供することができます。

 

CATプロトコルは、Ethereum、Stellar、Ripple、EOSなどの分散型台帳だけでなく、既存の金融機関(レガシーシステム)でも利用でき、シームレスな統合を可能にします。

 

Securrencyは、セキュリティトークンのみならず既存の金融機関にも規制遵守したサービスの提供が可能であることからシリーズAラウンドにて下記の企業などから総額約1765万ドル(約19億円)の資金調達を完了しています。

 

WisdomTree
アブダビ投資事務所(ADIO)
マネックスグループ
RREベンチャーズ
ストロベリークリークベンチャーズ
パンテーラキャピタルインベストメント

 

リードインベスターであるWisdomTreeは、ブロックチェーン技術をETFエコシステムに導入することで、既存の運用モデルを改善することを目指しており、Securrencyが有する高レベルなコンプライアンスサービスを活用したブロックチェーンベースの金融インフラストラクチャの普及が期待されています。

 

Securrencyが、特許出願中のCompliance Aware Token™は複数のブロックチェーン間のトランザクションをサポートし、各管轄区域の法律に準拠したセキュリティトークン発行、取引サービスを実現します。

 

現在、不必要なアプリケーションインスタンスの採用や既存の規制への不十分なコンプライアンス対応が課題とされており、ETFエコシステムおよび金融機関に高レベルなコンプライアンスサービスを導入することのできるSecurrencyには今後も大きな注目が寄せられることでしょう。

サウジアラビアでセキュリティトークン発行プラットフォームプロジェクトについて

2020年5月、Securrencyはサウジアラビアで不動産ファンド管理・資産運用会社であるMusharaka Capitalとの戦略的パートナーシップを発表し、セキュリティトークン発行プラットフォームの開発に関するフレームワーク契約に署名しています。

 

Musharaka Capitalと協力できて光栄です。サウジアラビアはこの地域で最大の市場であり、Musharaka Capitalの金融市場に関する深い専門知識と弊社のブロックチェーンテクノロジーを組み合わせることにより、流動性向上のための新しい機会を生み出します。Musharaka Capitalの強力なリーダーシップチームと協力し、Securrencyはサウジアラビアでのビジネスの成長を促進し、外国投資を効率化することを目指しています。

 

SecurrencyのCOOであるJohn Henselはこのように述べており、サウジアラビアのセキュリティトークン市場において、プロフェッショナルなチーム・メンバーが在籍しているSecurrencyの存在は非常に重要であると言えます。

 

このセキュリティトークン発行プラットフォームプロジェクトは、石油産業から脱却を図り、様々な産業の開発・振興を目指している国家戦略「サウジビジョン2030」のもとで、民間企業の成長を支援し、資本市場の発展につながるイノベーションを促進することを目的としています。

 

経済のデジタル化の進展とともにSTOによる資金調達が普及することで、海外投資家からの投資増加、新しいアセットクラスとして利活用が進む暗号資産市場と既存産業の融合といったメリットがあり、今後はどのような法規制を定めるのか自主規制団体の設立などに注目が集まることでしょう。

まとめ

Securrency は、セキュリティトークン発行企業、ブローカーディーラー、およびATS(代替取引システム)に高性能なセキュリティコンプライアンスサービスを提供するブロックチェーン企業です。

 

相互運用性を確保したセキュリティコンプライアンスサービスを通じて、これまで流動性のなかったアセットクラスの取引を可能にするために米国で2015年に設立され、2019年3月には、2億6千万ドル規模の不動産のトークン化事業に関してVertaloとパートナーシップ契約を締結しています。

 

投機的な資産ではない収益をもたらす商品(不動産)を提供することにより、セキュリティトークン市場の成熟化が図られると考え、米国のみならずサウジアラビアなど世界各国での展開が期待されます。

 

参考文献

 

Saudi Arabian Digital Securities Issuance Platform to be Developed by Securrency + Musharaka Capital
Working Together for Saudi Arabia Today saw two companies announce a new working relationship, with the intent of growing the digital securities sector – Securr...
Securrency and Vertalo Agree to Tokenize 0 Million in Fixed Income, Real Estate Assets
Securrency and Vertalo have signed an agreement to tokenize 0 million in fixed income-generating real estate assets. The new agreement was shared in a blog p
Securrency Introduces CAT-20 and CAT-721, the World’s First Multi-Ledger Security Token Protocols
Securrency, a global financial services technology infrastructure and products company, today introduced the Compliance Aware Token (CAT-20 and CAT-72
Securrency Expands Presence in UAE: US Technology Firm Focusing on Tokenized Securities and Crypto Assets
Securrency, Inc., a US-based provider of financial and regulatory technology products for the tokenized issuance and trading of securities, today anno
RegLab
The ADGM RegLab is a specially-tailored regulatory framework which provides a controlled environment for FinTech participants to develop and test innovative Fin...
WisdomTree Makes Strategic Investment in Securrency, Inc. as Company Pursues Integration of Blockchain Technology into the ETF Ecosystem
NEW YORK, Jan. 07, 2020 (GLOBE NEWSWIRE) -- WisdomTree Investments, Inc. (NASDAQ: WETF), an exchange-traded fund (“ETF”) and exchange-traded product...
Startup Raises .65 million To Deliver Blockchain-based ETFs
New York-based exchange-traded fund and exchange-traded product sponsor WisdomTree led a Series A funding round for startup Securrency as it aims to deliver blo...
Introducing Securrency, the Blockchain Startup Taking on Wall Street
/PRNewswire/ -- Securrency, a combined RegTech/FinTech platform, aims to be the Amazon of Financial Services--a one-stop shop for the purchase or sale of any...
Securrency Announces World’s First Multi-Ledger Security Token Protocols
Securrency has developed two Compliance Aware Token (CAT) protocols which can be issued from and transferred across any distributed ledger.
Abu Dhabi Investment Office Invests US Million In UAE-Based Startups Securrency, TruKKer, Sarwa, YACOB, and Okadoc
ADIO's Ventures Fund is an initiative of the Abu Dhabi Government's Ghadan 21 accelerator program.

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました