STO

Stellerro|事業開発の拡大のためSTOをスペインで実施

STOは新しい資金調達方法として注目を集めていますが、実際のところ、どのSTOに投資をすればいいかの判断は簡単なものではありません。 トークン化された証券は世界各国の規制に準拠しているものの、STOによって収益分配や四半期ごと...
デジタル通貨

OTC取引のメリットや規制|中国人による大口取引について

OTC取引は取引所を介さずとも暗号資産を購入できるため、規制強化の流れとともにその存在感は日に日に増しています。 日本の暗号資産取引所「Coincheck」においてもビットコイン(BTC)のOTC取引仲介サービスを行なっていま...
STO

ビットボンドのセキュリティトークン、取引開始

ドイツで中小企業向けの融資サービスを展開するBitbondのセキュリティトークン、BB1の取引が正式に開始されました。BB1はドイツで最初に認可されたセキュリティトークンとしてSTOを5月28日に開始しました。 7月8日にSTOが終了...
デジタル通貨

テザー問題|最新情報やビットフィネックス資金凍結について

TetherやBitfinexを巡っては、「クリプト・キャピタル関連の資金損失ではなく凍結」といった主張をBitfinexはしていますが、8億5100万ドル(約950億円)にも及ぶ、巨額損失をTetherで補填したとしてニューヨーク州検事長...
デジタル通貨

JPモルガン×ステーブルコイン|米大手銀行の取り組み

最近では銀行によるステーブルコインの開発事例が数多く報告されており、フィリピンのユニオンバンクではフィリピンペソと連動した「PHK」を発表しています。 しかし、銀行ごとに異なるステーブルコインを発行する取り組みは相互運用の面で...
暗号資産規制

暗号資産カストディ業務|AML/CFT規制強化にむけて

2020年春に予定されている資金決済法の改正によって、暗号資産のカストディ事業者は暗号資産交換業として規制の対象となります。 しかしながら、カストディ業務も規制が具体的でないとして、一般社団法人新経済連盟は「ブロックチェーンと...
STO

日本におけるSTOの未来|第一項有価証券や金商法改正について

セキュリティトークンは金商法の改正にともない「電子記録移転権利」と定義されており、発行する場合には、金商法で定められた「開示規定」が適用されると考えられます。 開示規定:有価証券届出書の提出・目論見書の交付・継続開示 改...
STO

Provenanceブロックチェーンを活用した証券化商品の組成・販売|STOで2,000万ドルの資金調達

ここ数ヶ月はビットコインの高騰やフェイスブックが開発を進めるステーブルコインLibraが話題を集めていました。 アメリカではSECが初のICOの承認を行うなど、規制に準拠した資金調達方法として発展を遂げています。 ...
国際金融・経済

アメリカ景気減速の原因|設備投資や失業率について

アメリカではFRB(アメリカ連邦準備理事会)が今月末にも2008年12月以来の利下げを行うとしています。 当時は住宅市場の低迷などによって2008年1月に0.75%の緊急利下げを行うなど景気が急激に減速し、2008年9月にはリ...
デジタル通貨

ステーブルコインの将来性|法律やデメリットについて

ステーブルコインは法定通貨に連動し、ブロックチェーン技術を活用した決済手段として注目を集めています。 国際送金の迅速化といったメリットがあり、アメリカからの経済制裁を受けている国々では避難資産としての活用もされています。 ...
不動産STO

小規模不動産特定共同事業を解説|登録要件や事例について

今回は「小規模不動産特定共同事業の登録要件」について解説していきます。 「不動産特定共同事業法(不特法)」の改正によってインターネットを通じた不動産投資「不動産クラウドファンディング」への取り組みが推進され、資産運用の1つとし...
不動産STO

不動産特定共同事業法(不特法)|小口化商品とJ-REITの違い

「不動産特定共同事業法(不特法)」の改正が平成29年12月に行われてから不動産の小口化が実現し、投資商品としても注目を集めています。 これまでは資本金が1億円からなど参入に大きなハードルがあった不動産の小口化事業ですが、不特法...
不動産STO

不動産投資クラウドファンディング|不特法によるシステムを解説

最近ではインターネットやアプリを利用して気軽に不動産投資ができるようになり、資産運用をこれからはじめたいという人々が中心となって話題を呼んでいます。 これまでは不動産投資は富裕層や投資家にしかできないといったイメージが強くあり...
週刊ニュース

【週刊暗号資産ニュース2019年7月26日第4号】世界各国のブロックチェーン最前線

先週末には日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)と日本仮想通貨ビジネス協会(JCBA)が暗号資産の税制改正要望書を金融庁に提出し、今週にかけても国内においてさまざまな取り組みが行われました。 住友商事とbitFlyerはブロック...
不動産STO

不動産投資クラウドファンディング|不特法やブロックチェーンの可能性

最近では不動産特定共同事業法(不特法)に基づいて行われる少額の不動産投資が注目を集めています。 株式会社ブリッジ・シー・キャピタルが運営する「CREAL」は不動産投資クラウドファンディングとして多くの投資家が参加しており、これ...
デジタル通貨

マネックスがリブラに参加申請を提出|デメリットや今後は?

マネックスグループが日本企業としてははじめてLibra協会への参加申請を行なった、と松本大CEOは明かしています。 これはマネックスの2019年第二四半期決算の記者会見で、Libraへの参加表明を行なっており、8月の1次審査を...
国際金融・経済

中国経済減速の原因|消費主導型経済や国進民退について

中国では地方政府の債務問題の懸念から債務削減を目指す取り組みが行われ、国内総生産(GDP)における債務比率が安定し、財務の健全化が図られてきました。 しかし、2018年には米中貿易摩擦によって生産拠点の移転や民...
STO

MtPelerinホワイトペーパー解説|スイスのSTOについて

MtPelerinは独自規格の「Mt Pelerin Bridge Protocol」を開発し、STOを実施しています。 200万CHFの調達を目的としたこのSTOは、120万CHF、5,028ETHの資金調達...
暗号資産規制

アメリカ上院公聴会7月31日に開催へ|暗号資産規制とブロックチェーン

アメリカ上院の銀行サービス委員会で7月31日に暗号資産に関する公聴会を開催することが明らかになりました。 7月16、17日(現地時間)にはLibraについての公聴会が開催されましたが、今回は「“Examining Regula...
ブロックチェーン

宇宙開発の現状と課題|ブロックチェーンの活用事例

アポロ計画の月面着陸から50周年を迎え、トランプ大統領はアポロ計画のメンバーをホワイトハウスに招いた際、火星への有人宇宙開発についても言及していました。 トランプ政権は2024年までに月面着陸を目指す「アルテミス計画」を発表し...
ブロックチェーン

自動車業界×ブロックチェーン|トヨタ・自動運転への取り組み

自動車業界はかつてないほど最先端技術の導入の取り組みが行われており、その1つとして「ブロックチェーン技術」の活用も大きな注目集めています。 中国・深センではすでに無人の自動運転バスが公道を走る実証実験が行われるなど、ホテルやコ...
ブロックチェーン

中国のブロックチェーン企業特集|衆案保険やGrabについて

中国では暗号資産取引所の全面禁止を行なっている一方で、公共サービスなどにブロックチェーン技術を導入し、経済の発展を目指しています。 人口の多さから病院での診察に時間がかかり、取引情報の改ざんや不正が中国では日常的に行われていま...
週刊ニュース

【週刊暗号資産ニュース2019年7月19日第3号】ビットポイント不正流出問題とLibra公聴会

今週はビットポイントハッキング事件があり、30.2億円にも及ぶ不正流出は暗号資産業界においても大きな話題を呼びました。 自主規制団体である日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)はホットウォレットでの運用を総資産の13%と定めてお...
ブロックチェーン

【ブロックチェーン×デジタル広告】費用対効果向上にむけて

デジタル広告は企業やサービスの認知度向上にとって非常に重要な役割を担っており、消費者である私たちもGoogleやYahoo!を通じて様々な広告を日常的に目にしています。 しかし、最近ではデジタル広告を表示させないアプリが登場し...
STO

Securitize|セキュリティトークン発行(STO)プラットフォーム

「Securitize」は2017年11月に設立されたアメリカのブロックチェーン企業で、セキュリティトークンの発行プラットフォームの開発・運営を行なっています。 最近ではIBM社が主催する「IBM Blockchain Acc...
暗号資産規制

ビッグテック企業の金融業界進出を阻止へ|Libraへの規制強化

米下院金融サービス委員会は「Keep Big Tech out of Finance」と名を冠した法案草案をオンライン上で公表しており、ビッグテックが金融機関になることを防止する取り組みを行なっています。 ビッグテックは巨大な...
暗号資産規制

ビットポイント海外交換所でも2億5000円の不正流出|補償や規制について

ビットポイントジャパンは海外のグループ会社でも2億5000円の不正流出があったことを明らかにしています。 日本国内での不正流出については約30.2億円とされており、 顧客預り分 約20.6億円 ビットポイントジ...
デジタル通貨

Libra(リブラ)連絡会設置の理由|Facebookの今後

今回は財務省・金融庁・日本銀行による「Libra(リブラ)連絡会」設置を踏まえてLibra(リブラ)の今後について解説していきます。 ビットポイントの不正流出問題によって、これまでの暗号資産規制について見直しが急務とさ...
国際金融・経済

トランプ大統領ビットコイン批判の真相|FRBへの反論や金本位制

将来的にはステーブルコインをはじめとした暗号資産の普及とともに法定通貨の価値が低くなる可能性は否定できません。 米ドルもその影響を受ける可能性があり、パウエル議長の「ビットコインは金のような価値貯蔵手段」といった発言は大きな話...
暗号資産規制

ビットポイント不正流出問題|第4次FATF対日相互審査への影響

最近ではFATF(金融活動作業部会)による暗号資産への規制強化が世界的に行われており、日本では第4次FATF対日相互審査が今年の10月にも行われる予定となっています。 FATFはマネーロンダリング対策として暗号資産への規制強化...
タイトルとURLをコピーしました