STO

Progmat|スマートコントラクトによる証券取引の効率化・「T+0」の実現

証券取引の効率化を目指し、ブロックチェーン技術を活用する取り組みが行われています。 日本では約定から決済まで3日ほどかかる(T+3)など、煩雑な手続きが長年の課題とされてきました。 照合業務においては、投資家が運...
ブロックチェーン

量子スプレマシーとブロックチェーン|量子ゲート・一方向量子計算について

現在開発が進められている量子コンピューターは、極低温でしか働かないものと室温で働くものがあり、東京大学などでは室温でどこでも使える量子コンピューターの開発が行われています。 また、下記のような分類もされています。 量...
STO

ハイブリッドIPOとは?金融の効率化とSTO市場について

世界的なチェスの大会を運営する「Worldchess」(イギリス)が、セキュリティトークン発行後にIPOを行う「ハイブリッドIPO」を発表しました。 IPO前にSTOによる資金調達を行うこの取り組みは世界的にも珍しく、「Wor...
デジタル通貨

デジタル人民元の発行はいつ?一帯一路政策への採用や今後について

この記事では、デジタル人民元の発行や一帯一路政策への採用についてお伝えいたします。 中国ではブロックチェーンの国家標準委員会が設置されるなど、国と政府が主体となって技術革新を目指す取り組みが行われています。 より...
デジタル通貨

ビックテックと金融サービス|キャッシュレス決済やデジタル通貨の今後

2017年の年末年始にかけてビットコインなど暗号資産が爆発的に普及してから早くも2年が経とうとしていますが、ボラティリティの激しさから決済手段としては広まらず、最近ではポイントサービスとの連携やキャッシュバックサービスの展開によって利用者拡...
STO

セキュリティトークンとトークン化された証券の違い|「Progmat」「ibet」について

世界ではアメリカやドイツを中心にセキュリティトークンの発行が行われており、日本においても来年春に予定されている法改正を目前に控え、大手金融グループによるセキュリティトークン発行プラットフォームの発表が相次いで行われています。 ...
STO

セキュリティトークン取引所「iSTOX」に東海東京が出資へ

法規制に準拠した既存金融システムにブロックチェーン技術を活用する取り組みは連日のように報じられていますが、アジア市場においては中国人民元デジタル通貨発行など、中国が中心となってブロックチェーン技術の発展が行われると予想されてます。 ...
最先端技術

米フェイスブック、決済サービス・フェイスブックペイを発表

米フェイスブックは、決済サービス「フェイスブックペイ」を実装すると発表した。フェイスブック傘下のカリブラが進めるステーブルコインプロジェクト・リブラに先駆けて、リリースする形となる。ユーザーは、クレジットカードやデビットカード情報を連携させ...
デジタル通貨

アントフィナンシャル企業向けブロックチェーンプラットフォームを開始

アントフィナンシャル(Ant Financial)は、中小企業向けのブロックチェーンプラットフォームの展開を予定していることが明らかになりました。 すでに260件以上(2019年5月時点)ものブロックチェーン関連の特許を提出し...
デジタル通貨

【G7邦訳】リブラG7最終報告書・エグゼクティブサマリー全訳

グローバルなステーブルコインの影響に関する調査 テクノロジー革新と金融サービスの現実 テクノロジーの革新は、金融サービスと金融商品の提供を変革しています。とりわけ決済サービスは、新しい支払い方法やプラットフォーム...
STO

G7・G20で米フェイスブック「リブラ」に猛烈な逆風

G20、米フェイスブック「リブラ」の発行を当面認めず 日本時間19日未明、20ヶ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が米国ワシントンで閉幕した。当初より、米フェイスブックが主導するステーブルコインプロジェクト「リブラ」の規制に焦点が...
ブロックチェーン

ブロックチェーンの活用事例や市場規模

ブロックチェーンは新興技術の1つとしてAI(人工知能)やモビリティ(自動運転)とともに大きな注目を集めています。 すでに日本国内でも選挙での投票や食品のトレーサビリティへの活用が行われており、データの改ざんが困難であり、業務の...
STO

STOのメリット・デメリット|セキュリティトークンとは?

今回は、新しい資金調達方法として注目を集めるSTOに関して解説していきます。証券や不動産市場の効率化に向けて、セキュリティトークンを活用する取り組みも行われており、合わせてみていきます。 世界ではアメリカやヨーロッパを中心にSTO...
最先端技術

【ディープフェイク】悪用への対策としてブロックチェーンを活用

中国のスマートフォンアプリ「Zao」では簡単にディープフェイクを作成することができ、エンターテイメント性の高さから大きな話題を呼んでいます。 日本でも不動産業界などでAI技術による画像認識サービスが展開されるな...
デジタル通貨

ステーブルコインとは? 金融インフラとイノベーションの融合

フィリピンのユニオンバンク(Aboitizグループ傘下)がステーブルコイン「PHK」を発行することが明らかになりました。 今回のステーブルコイン「PHK」発行はフィリピンの銀行としては初の試みで、法定通貨「フィリピンペソ」に連...
STO

米中閣僚級貿易協議の影響やリブラへの規制強化|日刊暗号資産ニュース10月7日

米中閣僚級貿易協議に関して中国側が合意に難色を示していることが明らかになったことから、週明け月曜日の相場は慌ただしい動きを見せています。 ビットコインも8,000円を下回るなど下降トレンドが続いており、世界的な景気悪化の不安感...
デジタル通貨

米大手ペイパル、リブラ協会からの脱退を表明

ペイパル、リブラからの離脱を発表 米国大手電子決済企業・ペイパル ホールディングスは2019年10月4日、フェイスブックが主導するステーブルコインプロジェクト「リブラ」を運営するリブラ協会からの脱退を表明しました。 通貨発行権とそれ...
週刊ニュース

【週刊暗号資産ニュース2019年9月13日第11号】アジアのSTO最新事例

週刊暗号資産ニュース 2019年9月13日 第11号 アジアのSTO最新事例 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ・今週の暗号資産市場情報 ・アジアのSTO特集|取引所や法規制について...
STO

アジアのSTO特集|取引所や法規制について

アメリカでは、セキュリティトークンを活用した資金調達の事例が毎月報告されており、最近ではReg+を適用したICOがSECに認可され、これには一般投資家も投資に参加しています。 アジアではシンガポールやフィリピンCEZAにおいて...
暗号資産規制

1exchange(1X)|シンガポールのセキュリティトークン取引所を解説

シンガポールにおいては暗号資産取引所に対して下記のような2種類のランセンス制度を設けており、今年の1月に成立した新しい法律のもとでは3種類になることがわかっています。 AE(Approved Exchanges):証券取引業へ...
週刊ニュース

【週刊暗号資産ニュース 2019年9月6日 第10号】 ヨーロッパのSTO市場動向

【週刊暗号資産ニュース 2019年9月6日 第10号】 ヨーロッパのSTO市場動向 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ・今週の暗号資産市場情報 ・ARYZE(デンマーク)STOで29...
STO

TradeCloud(スイス)4,200万ドル規模のSTO|コモディティ市場の金融化

TradeCloudは、コモディティ市場を対象にP2Pプラットフォームを提供しており、販売者と購入者を直接的に結びつけることで、効率的な取引を実現しています。 現在のところ金属産業を中心としてプラットフォームは運営されており、...
ブロックチェーン

ブロックチェーンを活用したMMFを発表|フランクリンテンプルトン

日本では、マイナス金利政策の影響もあり、日本円MMFの利回りが低下し、2016年には証券会社が購入受け付けを停止しています。 現在では外貨建MMF(米ドル建)が購入可能となっており、利回りは 1.579%(みずほ証券H...
ブロックチェーン

マクロミルポイントをビットコインに交換|コインチェックがサービス開始

コインチェックでは、マクロミルと協業で、1ポイント1円からビットコインに交換できるサービスを9月10日からスタートします。 マクロミルは、アンケートモニターをすることでポイントがもらえるサービスで、主婦層がお小遣い稼ぎ...
STO

内閣府令による2項有価証券の適用について

SBIホールディングス北尾吉孝CEOは、日本でのSTOの普及を目指し、楽天やカブコム、マネックスといったネット証券会社との自主規制団体構想を7月に行われた決算発表会で、明らかにしていました。 そして、自主規制団体の認定について...
STO

StartMark(ドイツ)5,000万ユーロ規模のSTOを実施|スタートアップ企業への投資

ドイツの金融市場当局であるBafinは、StartMarkの5,000万ユーロのSTOを承認しました。 これまでは新しいビジネスアイデアに実際に投資するのは、ごく少数の資産家や投資家に限定されてきましたが、StartMarkは...
STO

Smartchem(リヒテンシュタイン)STOで2,425万ユーロの資金調達へ

ドイツ・ライプツィヒを拠点とするIntelligent Fluids社は、環境に配慮した高性能な洗浄剤の開発を行っています。 その独自技術は、化学的な溶解ではなく、強固な汚れに浸透し、剥離されることで、物理的に汚染物を除去しま...
STO

ARYZE(デンマーク)STOで2900万ドルの資金調達へ

ARYZEは2020年第1四半期における新たな事業展開のために、STOを実施し、2900万ドルの調達を目標としています。 RYZEトークンは米国とEUの適格投資家にむけて販売され、一般投資家に向けては販売されていません...
週刊ニュース

【週刊暗号資産ニュース2019年8月30日第9号】規制のサンドボックス制度とブロックチェーン

週刊暗号資産ニュース 2019年8月30日 第9号 規制のサンドボックス制度とブロックチェーン ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ・今週の暗号資産市場情報 ・規制のサンドボックス制度...
ブロックチェーン

規制サンドボックス制度|サスメド・臨床データ改ざん防止実証について

海外ではブロックチェーン・暗号資産企業がサンドボックス制度を活用して実証実験を行うケースが増えてきています。 ロシアやイギリス・韓国をはじめとして、インドでも規制サンドボックスの構想が立ち上がっています。 ...
タイトルとURLをコピーしました