デジタル通貨

CBDC(中央銀行発行デジタル通貨)のメリット|中国や日本での取り組み

今回は各国の中央銀行が取り組んでいるCBDC(中央銀行デジタル通貨)について解説していきます。 金融市場ではブロックチェーン技術の導入に積極的に取り組んでおり、国際送金における送金時間の短縮や銀行口座を持たない人々への決済サービスの提...
最先端技術

【ディープフェイク】悪用への対策としてブロックチェーンを活用

中国のスマートフォンアプリ「Zao」では簡単にディープフェイクを作成することができ、エンターテイメント性の高さから大きな話題を呼んでいます。 日本でも不動産業界などでAI技術による画像認識サービスが展開されるな...
デジタル通貨

ステーブルコインとは? 金融インフラとイノベーションの融合

フィリピンのユニオンバンク(Aboitizグループ傘下)がステーブルコイン「PHK」を発行することが明らかになりました。 今回のステーブルコイン「PHK」発行はフィリピンの銀行としては初の試みで、法定通貨「フィリピンペソ」に連...
社債投資

社債市場におけるブロックチェーン技術の活用事例

社債の引受業務によって、証券会社が社債の売買を行う場合、手数料はおよそ「0.1%〜0.5%」とされています。 少額の起債だと証券会社に入る手数料が少ないため、これまでは数十億円規模でないと証券会社による社債引受は行われないとい...
STO

米中閣僚級貿易協議の影響やリブラへの規制強化|日刊暗号資産ニュース10月7日

米中閣僚級貿易協議に関して中国側が合意に難色を示していることが明らかになったことから、週明け月曜日の相場は慌ただしい動きを見せています。 ビットコインも8,000円を下回るなど下降トレンドが続いており、世界的な景気悪化の不安感...
デジタル通貨

米大手ペイパル、リブラ協会からの脱退を表明

ペイパル、リブラからの離脱を発表 米国大手電子決済企業・ペイパル ホールディングスは2019年10月4日、フェイスブックが主導するステーブルコインプロジェクト「リブラ」を運営するリブラ協会からの脱退を表明しました。 通貨発行権とそれ...
週刊ニュース

【週刊暗号資産ニュース2019年9月13日第11号】アジアのSTO最新事例

週刊暗号資産ニュース 2019年9月13日 第11号 アジアのSTO最新事例 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ・今週の暗号資産市場情報 ・アジアのSTO特集|取引所や法規制について...
STO

アジアのSTO特集|取引所や法規制について

アメリカでは、セキュリティトークンを活用した資金調達の事例が毎月報告されており、最近ではReg+を適用したICOがSECに認可され、これには一般投資家も投資に参加しています。 アジアではシンガポールやフィリピンCEZAにおいて...
暗号資産規制

1exchange(1X)|シンガポールのセキュリティトークン取引所を解説

シンガポールにおいては暗号資産取引所に対して下記のような2種類のランセンス制度を設けており、今年の1月に成立した新しい法律のもとでは3種類になることがわかっています。 AE(Approved Exchanges):証券取引業へ...
週刊ニュース

【週刊暗号資産ニュース 2019年9月6日 第10号】 ヨーロッパのSTO市場動向

【週刊暗号資産ニュース 2019年9月6日 第10号】 ヨーロッパのSTO市場動向 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ・今週の暗号資産市場情報 ・ARYZE(デンマーク)STOで29...
STO

TradeCloud(スイス)4,200万ドル規模のSTO|コモディティ市場の金融化

TradeCloudは、コモディティ市場を対象にP2Pプラットフォームを提供しており、販売者と購入者を直接的に結びつけることで、効率的な取引を実現しています。 現在のところ金属産業を中心としてプラットフォームは運営されており、...
ブロックチェーン

ブロックチェーンを活用したMMFを発表|フランクリンテンプルトン

日本では、マイナス金利政策の影響もあり、日本円MMFの利回りが低下し、2016年には証券会社が購入受け付けを停止しています。 現在では外貨建MMF(米ドル建)が購入可能となっており、利回りは 1.579%(みずほ証券H...
ブロックチェーン

マクロミルポイントをビットコインに交換|コインチェックがサービス開始

コインチェックでは、マクロミルと協業で、1ポイント1円からビットコインに交換できるサービスを9月10日からスタートします。 マクロミルは、アンケートモニターをすることでポイントがもらえるサービスで、主婦層がお小遣い稼ぎ...
STO

SBI北尾CEO・STO自主規制団体を2020年4月に認定へ【内閣府令による2項有価証券の適用について】

SBIホールディングス北尾吉孝CEOは、日本でのSTOの普及を目指し、楽天やカブコム、マネックスといったネット証券会社との自主規制団体構想を7月に行われた決算発表会で、明らかにしていました。 そして、自主規制団体の認定について...
STO

StartMark(ドイツ)5,000万ユーロ規模のSTOを実施|スタートアップ企業への投資

ドイツの金融市場当局であるBafinは、StartMarkの5,000万ユーロのSTOを承認しました。 これまでは新しいビジネスアイデアに実際に投資するのは、ごく少数の資産家や投資家に限定されてきましたが、StartMarkは...
STO

Smartchem(リヒテンシュタイン)STOで2,425万ユーロの資金調達へ

ドイツ・ライプツィヒを拠点とするIntelligent Fluids社は、環境に配慮した高性能な洗浄剤の開発を行っています。 その独自技術は、化学的な溶解ではなく、強固な汚れに浸透し、剥離されることで、物理的に汚染物を除去しま...
STO

ARYZE(デンマーク)STOで2900万ドルの資金調達へ

ARYZEは2020年第1四半期における新たな事業展開のために、STOを実施し、2900万ドルの調達を目標としています。 RYZEトークンは米国とEUの適格投資家にむけて販売され、一般投資家に向けては販売されていません...
週刊ニュース

【週刊暗号資産ニュース2019年8月30日第9号】規制のサンドボックス制度とブロックチェーン

週刊暗号資産ニュース 2019年8月30日 第9号 規制のサンドボックス制度とブロックチェーン ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ・今週の暗号資産市場情報 ・規制のサンドボックス制度...
ブロックチェーン

規制サンドボックス制度|サスメド・臨床データ改ざん防止実証について

海外ではブロックチェーン・暗号資産企業がサンドボックス制度を活用して実証実験を行うケースが増えてきています。 ロシアやイギリス・韓国をはじめとして、インドでも規制サンドボックスの構想が立ち上がっています。 ...
STO

規制のサンドボックス制度|Crypto Garageの取り組み

大和証券と200億円規模のファンドを組成するなど、スタートアップ企業への投資にも積極的なDigital Garage(デジタルガレージ)。 その子会社であるCrypto Garageは、2019年1月に「サンドボックス...
デジタル通貨

三菱UFJ・MUFGウォレット|デジタル通貨の発行予定は?

この記事では決済手段のトークン化事例として「MUFGウォレット」を解説していきます。 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)はクレジットカードなど複数の決済サービスを一元管理する「MUFGウォレット」を9月から...
ブロックチェーン

規制のサンドボックス制度|日本のブロックチェーン企業の取り組み

この記事では、サンドボックス制度のもとで行われるブロックチェーン企業の取り組みについて解説していきます。 ブロックチェーンをはじめとして、AIやIoTといった技術を社会実装するためには実証実験を繰り返し、より高度な技術...
暗号資産規制

アメリカSEC(証券委員会)|証券法の変更について

この記事ではアメリカ・SEC(証券委員会)の最近の取り組みについてまとめています。 アメリカにおいてはSEC(証券委員会)への登録免除規定Regulationを適用して、STOが行われています。 適格投資...
暗号資産規制

CEZA(カガヤン経済区庁)について|フィリピン

世界では暗号資産への規制を定めブロックチェーン企業の誘致をすることで、自国の経済発展を目指す取り組みが進められています。 ヨーロッパではスイスやマルタといった金融立国が多くの企業の誘致に成功し、伝統的な証券取引所が暗号資産取引...
週刊ニュース

【週刊暗号資産ニュース2019年8月23日第8号】ブロックチェーン市場規模や成長率

今週は暗号資産取引所「ビットフライヤー」においてTポイントでビットコインが購入できるようになりました。 これは「ビットフライヤー」によるTポイントユーザー7000万人の取り込みを目指した取り組みであると考えられ、その他の取引所...
STO

BlackManta|STOプラットホームを2019年第4四半期から開始へ

ドイツでは国債全年限でマイナス金利化が進んでいますが、ECB(欧州中央銀行)の量的緩和とともにキャピタルゲインを得ることを目的として買いが殺到。 国債利回りは、財政悪化の指針として古くから知られていましたが、すでにその役割は失...
STO

INX|セキュリティトークン取引所が1億2950万ドル規模のIPO計画を発表

アメリカでは私募市場における新たな資金調達方法として多くの企業がSTOの採用を検討しています。 その多くはRegD506(c)を適用して行われますが、BlockstackはRegA+の規制のもとで2,800万ドル(約30億円)...
ブロックチェーン

世界銀行・ブロックチェーン債で約114億円の資金調達

債券市場において日本国債の利回りが相対的に高くなる状態が続いています。 ドイツ国債利回り(5年債)-0.87%。 日本国債利回り(5年債)-0.31% そのような中で、世界銀行が昨年に引き続き、2度目のブロック...
ブロックチェーン

Tポイントでビットコインが購入可能に|市場規模や海外の事例

日本国内におけるポイントサービスの市場規模は2018年には1兆8390億円となっており、2023年には2兆4332億円推定されています。(株式会社矢野経済研究所) 2019年11月にはファミリーマートが楽天スーパーポイントとd...
STO

不動産証券化のメリット・デメリット|Aspen Coin

不動産投資は多額の資金を必要とし、一部の資産家や機関投資家にしかできないため、近年では小口化にむけた取り組みが進められてきました。 その1つとして不動産の「証券化」があり、 ・不動産投資信託(REIT) ・資産...
タイトルとURLをコピーしました