ブロックチェーン

マクロミルポイントをビットコインに交換|コインチェックがサービス開始

コインチェックでは、マクロミルと協業で、1ポイント1円からビットコインに交換できるサービスを9月10日からスタートします。 マクロミルは、アンケートモニターをすることでポイントがもらえるサービスで、主婦層がお小遣い稼ぎ...
STO

SBI北尾CEO・STO自主規制団体を2020年4月に認定へ【内閣府令による2項有価証券の適用について】

SBIホールディングス北尾吉孝CEOは、日本でのSTOの普及を目指し、楽天やカブコム、マネックスといったネット証券会社との自主規制団体構想を7月に行われた決算発表会で、明らかにしていました。 そして、自主規制団体の認定について...
STO

StartMark(ドイツ)5,000万ユーロ規模のSTOを実施|スタートアップ企業への投資

ドイツの金融市場当局であるBafinは、StartMarkの5,000万ユーロのSTOを承認しました。 これまでは新しいビジネスアイデアに実際に投資するのは、ごく少数の資産家や投資家に限定されてきましたが、StartMarkは...
STO

Smartchem(リヒテンシュタイン)STOで2,425万ユーロの資金調達へ

ドイツ・ライプツィヒを拠点とするIntelligent Fluids社は、環境に配慮した高性能な洗浄剤の開発を行っています。 その独自技術は、化学的な溶解ではなく、強固な汚れに浸透し、剥離されることで、物理的に汚染物を除去しま...
STO

ARYZE(デンマーク)STOで2900万ドルの資金調達へ

ARYZEは2020年第1四半期における新たな事業展開のために、STOを実施し、2900万ドルの調達を目標としています。 RYZEトークンは米国とEUの適格投資家にむけて販売され、一般投資家に向けては販売されていません...
週刊ニュース

【週刊暗号資産ニュース2019年8月30日第9号】規制のサンドボックス制度とブロックチェーン

週刊暗号資産ニュース 2019年8月30日 第9号 規制のサンドボックス制度とブロックチェーン ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ・今週の暗号資産市場情報 ・規制のサンドボックス制度...
ブロックチェーン

規制サンドボックス制度|サスメド・臨床データ改ざん防止実証について

海外ではブロックチェーン・暗号資産企業がサンドボックス制度を活用して実証実験を行うケースが増えてきています。 ロシアやイギリス・韓国をはじめとして、インドでも規制サンドボックスの構想が立ち上がっています。 ...
STO

規制のサンドボックス制度|Crypto Garageの取り組み

大和証券と200億円規模のファンドを組成するなど、スタートアップ企業への投資にも積極的なDigital Garage(デジタルガレージ)。 その子会社であるCrypto Garageは、2019年1月に「サンドボックス...
デジタル通貨

三菱UFJ・MUFGウォレット|デジタル通貨の発行予定は?

この記事では決済手段のトークン化事例として「MUFGウォレット」を解説していきます。 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)はクレジットカードなど複数の決済サービスを一元管理する「MUFGウォレット」を9月から...
ブロックチェーン

規制のサンドボックス制度|日本のブロックチェーン企業の取り組み

この記事では、サンドボックス制度のもとで行われるブロックチェーン企業の取り組みについて解説していきます。 ブロックチェーンをはじめとして、AIやIoTといった技術を社会実装するためには実証実験を繰り返し、より高度な技術...
暗号資産規制

アメリカSEC(証券委員会)|証券法の変更について

この記事ではアメリカ・SEC(証券委員会)の最近の取り組みについてまとめています。 アメリカにおいてはSEC(証券委員会)への登録免除規定Regulationを適用して、STOが行われています。 適格投資...
暗号資産規制

CEZA(カガヤン経済区庁)について|フィリピン

世界では暗号資産への規制を定めブロックチェーン企業の誘致をすることで、自国の経済発展を目指す取り組みが進められています。 ヨーロッパではスイスやマルタといった金融立国が多くの企業の誘致に成功し、伝統的な証券取引所が暗号資産取引...
週刊ニュース

【週刊暗号資産ニュース2019年8月23日第8号】ブロックチェーン市場規模や成長率

今週は暗号資産取引所「ビットフライヤー」においてTポイントでビットコインが購入できるようになりました。 これは「ビットフライヤー」によるTポイントユーザー7000万人の取り込みを目指した取り組みであると考えられ、その他の取引所...
STO

BlackManta|STOプラットホームを2019年第4四半期から開始へ

ドイツでは国債全年限でマイナス金利化が進んでいますが、ECB(欧州中央銀行)の量的緩和とともにキャピタルゲインを得ることを目的として買いが殺到。 国債利回りは、財政悪化の指針として古くから知られていましたが、すでにその役割は失...
STO

INX|セキュリティトークン取引所が1億2950万ドル規模のIPO計画を発表

アメリカでは私募市場における新たな資金調達方法として多くの企業がSTOの採用を検討しています。 その多くはRegD506(c)を適用して行われますが、BlockstackはRegA+の規制のもとで2,800万ドル(約30億円)...
ブロックチェーン

世界銀行・ブロックチェーン債で約114億円の資金調達

債券市場において日本国債の利回りが相対的に高くなる状態が続いています。 ドイツ国債利回り(5年債)-0.87%。 日本国債利回り(5年債)-0.31% そのような中で、世界銀行が昨年に引き続き、2度目のブロック...
ブロックチェーン

Tポイントでビットコインが購入可能に|市場規模や海外の事例

日本国内におけるポイントサービスの市場規模は2018年には1兆8390億円となっており、2023年には2兆4332億円推定されています。(株式会社矢野経済研究所) 2019年11月にはファミリーマートが楽天スーパーポイントとd...
STO

不動産証券化のメリット・デメリット|Aspen Coin

不動産投資は多額の資金を必要とし、一部の資産家や機関投資家にしかできないため、近年では小口化にむけた取り組みが進められてきました。 その1つとして不動産の「証券化」があり、 ・不動産投資信託(REIT) ・資産...
週刊ニュース

【週刊暗号資産ニュース 2019年8月16日 第7号】セキュリティトークン/投資商品としての可能性

今週はtZEROの独自トークン「TZEROP」のロックアップが解除され、セキュリティトークンのセカンダリマーケットに大きな注目が集まりました。 現在のところ活発な売買が行われているとは言いがたい状況ですが、ICOトークンとは異...
STO

ABS (資産担保証券)×セキュリティトークン|市場規模や事例について

本記事ではABS (資産担保証券)をセキュリティトークンとして発行する取り組みやSTO市場の将来性について解説していきます。 韓国のブロックチェーン企業である「Chain Partners」はSTO市場についてのレポートの中で...
不動産STO

不動産セキュリティトークン|投資商品としての可能性について

アメリカではHarborが学生寮REITをセキュリティトークンとして発行し、2,000万ドルの資金調達を目指したものの貸し手との折り合いがつかずに結局のところ今年の4月に中止となってしまいました。 不動産市場規模を考えると、セ...
デジタル通貨

暗号資産版SWIFTの現状と課題|マネーロンダリング対策について

SWIFT(国際銀行間通信協会)の「SWIFT GPI」プロジェクトによって国際送金の処理の50%は30分以内で行えるようになりました。 ほとんどの国際送金は24時間以内に着金が可能となるなど、2020年にはサービス展開がすで...
STO

tZERO一般投資家のセキュリティトークン売買が可能に

アメリカではSTOに関する各企業のマーケティングが盛んに行われており、その中でも「tZERO」の取り組みは投資家からも大きな注目を集めています。 今年だけでも下記の表にあるような取り組みを進めており、セカンダリーマーケットの成...
週刊ニュース

【週刊暗号資産ニュース 2019年8月9日 第6号】ブロックチェーンの社会実装にむけた取り組み

今週は、第4弾対中制裁関税が発表された影響で世界的な景気減速への懸念が高まり、金融市場は大きな混乱に陥っています。 アジアでは自国通貨の下落やドル建て債務の負担が増大することへの警戒が強まり、マレーシアやフィリピンでは政策金利...
最先端技術

デジタルツインの導入事例|シンガポールやシーメンスの取り組み

デジタルツインってなに? バーチャル空間とどうやって連携するの? 実用化はいつ頃? 「デジタルツイン」を活用することで、これまでは不可能とされてきた現実空間での実証実験やシュミレーションをバーチャル空間で行うことができるよ...
ブロックチェーン

ネスレ(Nestle)×ブロックチェーン|食品サプライチェーンへの活用事例

スイスの大手食品会社「ネスレ(Nestle)」はデジタル広告や食品のサプライチェーン管理の分野でブロックチェーン技術の活用を行っています。 食品追跡「Food Trust(フードトラスト)」 分散型マーケットプレイス「OSA D...
ブロックチェーン

ブロックチェーン×金融| FRB「FedNow」やLINE「LINK ME」について

FRB(連邦準備制度理事会)はおよそ10年半ぶりに利下げを行う一方で、金融システムへのブロックチェーン技術の導入を進めています。 リアルタイム決済サービスとして発表されたFedNow(フェッドナウ)は24時間365日使える特徴...
ブロックチェーン

NTT×ブロックチェーン|博報堂やイタリア銀行協会との協業

新たなビジネスモデルをブロックチェーン技術を活用し、構築しようとする取り組みは日本でも活発に行われています。 ブロックチェーン技術による業務の効率化は、これまでの事業モデルを転換する可能性を秘めており、多くの企業が導入を検討し...
ブロックチェーン

アクセンチュア×ブロックチェーン|保険証券やサプライチェーンへの活用

コンサルティング企業「アクセンチュア」は、様々な分野でブロックチェーン技術を活用したサービスの展開を行っています。 ・ブロックチェーンプラットフォーム ・ソフトウェアライセンス管理 ・保険証券管理 ・個人認証 ・サプラ...
ブロックチェーン

アメリカ大手企業のブロックチェーン事業一覧【2019】

大手テック企業の「IBM」はこれまで共同で事業を行ってきた企業がアウトソージングの契約を縮小するなど、事業構造の転換が急務とされています。 クラウドやAIの分野でも自社サービスのシェア拡大に行き詰まっており、世界中で「脱IBM...
タイトルとURLをコピーしました