MtPelerinホワイトペーパー解説|スイスのSTOについて

STO
Mt Pelerin – Introduction to the Bank of the Future

 

MtPelerinは独自規格の「Mt Pelerin Bridge Protocol」を開発し、STOを実施しています。

 

200万CHFの調達を目的としたこのSTOは、120万CHF、5,028ETHの資金調達に成功し、2018年12月15日に終了しています。

 

スイスの法規制に準拠し、すべての株式をMPSトークンとして発行、全体の5%を公募として販売しました。

 

今後はスイス金融規制当局(FINMA)から銀行免許を取得することをMtPelerinは目標に掲げています。

 

MtPelerinについて

 

MtPelerinはバランスシート(資産・負債)をトークン化し、ブロックチェーン上で管理・共有することのできるプラットフォームの作成を目指しています。

 

ブロックチェーン技術によって金融サービスの透明性を向上させ、簡略化することがMtPelerinの目的であり、「Mt Pelerin Bridge Protocol」は世界各国であらゆる金融商品をトークン化するのに役立ちます。

 

将来的にはあらゆる金融機関が参加可能なブロックチェーンプラットフォームの形成を目標にしており、スマートコントラクトによる取引の自動化やコスト削減を金融業界にもたらします。

 

これによって金融業の流動性や利便性の向上が期待され、バランスシート全体のトークン化にむけて様々な取り組みを進めています。

 

その一環として2018年10月16日にMtPelerinは株式をセキュリティトークンとして発行。

 

今回のSTO実施には「Mt Pelerin Bridge Protocol」が使用され、このプロトコルによってMt Pelerinはあらゆる金融商品をトークン化することを目指しています。

 

Mt Pelerin Bridge Protocolについて

 

「Mt Pelerin Bridge Protocol」は金融商品の種類に関わらず、その国や地域の法規制に準拠してトークンを発行するように設計されています。

 

法規制に柔軟に対応し、トークンに安全性をもたらすことを「Mt Pelerin Bridge Protocol」は保証します。

 

MtPelerinでは「Mt Pelerin Bridge Protocol」はスイス資本市場技術協会(CMTA)と協働し、世界各国や地域の規制に準拠しているかを確認する体制作りにも取り組んでいます。

 

配当や議決権の発行、身元確認手続きやマネーロンダリング対策といった証券に必要な機能も「Mt Pelerin Bridge Protocol」は発行元に提供します。

 

MtPelerinはより合理的な金融システムの構築をブロックチェーンによって成し遂げようと取り組みを進めています。

 

トークン名 MPS
1MPS=5CHF
規制 スイス金融規制当局(FINMA)
通貨 ETH、BTC、USD
ブロックチェーン ERC20
配当 収益分配(12.5%)
最低投資額 1000USD
目標調達額 2,500,000USD
期間 2018年10月23日~12月15日
発行体 MtPelerin(スイス)
会社設立日 2016年3月2日

 

最低投資額はスイス国内で250USD、国外では1000USDと設定されていました。

 

500000MPSのうち498,107は販売され、28ヶ国570人の購入者の中には110000MPSを購入する投資家も現れました。

 

残りのMPSトークン95%のSTOによって資金調達を行うのかまではロードマップでは明らかにされていませんが、2023年には暗号資産銀行となることを定めています。

 

スイス金融規制当局(FINMA)から銀行免許を取得には2800万CHFを必要となり、Mt Pelerinがどのような取り組みを行なっていくのか今後も注目が集まります。

 

MtPelerin Twitter

 

MtPelerin 公式サイト

 

参考文献

 

MtPelerin/Stowise

Swiss Startup Mt Pelerin Leads the Way in Compliant Asset Tokenization

MPS TOKEN SALE ROUND UP

ROADMAP

Mt Pelerin is bringing in a new age of banking

MtPelerin/stoscope

MtPelerin/App Store

****************
STOnlineはSNSを開始しました。

Twitter: @stonline_jp

Facebook: @sto.on.line.io

コメント

タイトルとURLをコピーしました