LiquidSecuritiesプラットフォームの特徴や仕組みについて

ブロックチェーン

Liquidはビットコインブロックチェーンに紐づけられたるため高いセキュリティ機能があり、従来のビットコインにはない機能を追加・拡張できます。

これは「サイドチェーン」と呼ばれ、独自の仮想通貨を発行できる双方向ペグ(two-way pegging)といった仕様が特徴です。

ビットコインと独自通貨の移動や取引が双方向からできるため、Liquidはビットコインの共同保管場といった役割を持ちます。

このことで「送金の迅速化」「ビットコイン企業のリスク低下」「プライバシーの保護強化」といった機能拡張をLiquidは実現しています。

このLiquidを利用した「Liquid Securitiesプラットフォーム」が2019年5月に発表され、セキュリティトークンの発行がより簡単になることが予想されています。

Liquid Securitiesプラットフォームについて


発行したトークンの管理や再発行はすべてLiquid Securitiesプラットフォーム上で行われ、投資家の審査や各国の規制に準じたシステム設計も全て行うことができます。

これはブロックチェーン業界にとっても極めて重要な事例と言えますが、投資家保護をどのような仕組みで行なっていくのかなど疑問があります。

Liquid Securitiesプラットフォームは独自のアーキテクチャを構築しており、その特徴について解説していきます。

ビットコイン マルチシグネチャを使用

マルチシグネチャとはビットコインを送付するために複数の署名が必要な送金システムになります。

セキュリティの問題を解決するためにLiquid Securitiesプラットフォームはビットコインマルチシグネチャを採用しています。

これは送金の際にも複数の署名が必要になるためハッキングのリスクを軽減することができるのです。

秘密鍵の1つが漏洩した際にも他の秘密鍵がハッキングされていなければ、送金はできない仕組みになっているためにLiquid Securitiesプラットフォームは高度なセキュリティを兼ね備えていると言えます。

Liquid Securities API

APIとは、あるソフトウェアの機能などを、外部のプログラムから呼び出して利用するための規約のことです。

Liquid Securities APIは各国の規制に対して対応するために法務やコンプライアンスにまつわるサービスを提供します。

このAPIを介することでユースケースに応じてトークンの内容を変更することができるため、面倒なセキュリティトークンの管理業務をLiquid Securitiesプラットフォームに外注できるようになるのです。

これがどこまで法規制に対応できるのか未知数ではありますが、トークン発行者がLiquid Securitiesコントロールパネルを通じて簡単に設定を変更できるようになればさらなる発展が見込めます。

Liquid Network(リキッド ネットワーク)について

Liquid NetworkはBTCの開発者によって設立されたBlockstream社によって2015年に開発がスタートし、2017年にはサイドチェーンのベータ版がリリースされました。

サイドチェーン技術が実装された先進的な事例として注目を集め、高速かつ大量のBTCトランザクションの処理を行うことができるのが特徴です。

2019年5月にはDMM Bitcoinも含めた14社がLiquid Networkに参加することが発表され、合計で35社が参加しています。

Liquid Networkは規制に準じた高度なトークンルールをWebインタフェースひとつで変更できることを目指しており、その取り組みに今後も注目が集まります。

参考文献

「Blockstream Launches Security Token Platform on Bitcoin Sidechain」(https://www.coindesk.com/blockstream-launches-security-token-platform-on-bitcoin-sidechain

「The New Liquid Securities Platform」(https://blockstream.com/2019/05/15/en-new-liquid-securities-platform/

「ビットコインの最初のサイドチェーン「Liquid」がリリース、迅速で安全なトランザクションへ」(https://cointyo.jp/article/10004997 )

コメント

タイトルとURLをコピーしました