米国株式市場・2021年にIPOの可能性が高い企業|時価総額や資金調達額

2020年は伝統的なIPOの弊害として、初値が売り出し後に公開価格の2倍以上となるものの数日後には価格が乱高下する事例が相次いで確認されました。そのため、直接上場(ダイレクトリスティング)による上場をAsanaやPalantir、Slackなどは選択しており、2021年は上場市場の構造的変化がさらに加速することが予想されます。

 

また、BuzzFeed、BarkBox、SoFiはSPAC(特別買収目的会社)での上場を検討しているとの報道も確認されており、多くのユニコーン企業が誕生した2010年代と比較するとより流動性の高い市場が形成されることが2020年代は期待されます。

 

本稿では、2021年にIPOの可能性が高い企業について詳しく解説していきます。

 

 

>>スタートアップ企業の大型調達一覧【20211月】競合企業や市場規模

Coinbase(コインベース)

・時価総額

280億ドル(2020年12月)

 

・沿革

2012年設立

2020年12月上場申請

 

・資金調達状況

資金調達ラウンド数 10

総資金額 5億4,730ドル

主要投資家数 5

投資家数 59

 

・最近の資金調達ラウンド参加投資家

 

・Secondary Market

True Capital Management

Fundamental Labs

Chainfund Capital

Manhattan Venture Partners

 

・Series E

Manhattan Venture Partners

Polychain

Andreessen Horowitz

Tiger Global Management

Y Combinator

Benjamin Kong

 

・M&A

2020年5月 Tagomi 

2019年2月 Neutrino

2019年1月 Blockspring 

2018年8月 Distributed Systems 

2018年6月 Venovate、Keystone Capital Corp. 、Digital Wealth 2018年5月 Paradex 

2018年4月 Earn.com、Cipher Browser 

 

・出資

Bitso 6200万ドル 2020年12月8日 シリーズB 

Blocknative 500万ドル 2020年11月9日 シード 

Multis 220万ドル 2020年9月28日 シード

 

・競合会社

BitGo

itBit

GEMINI

 

・業績

2018年:売上高 5億2,900万ドル 営業利益 1億5,900万ドル

2018年:売上高 5億4,300万ドル 営業利益 1億6,300万ドル

※ bqintel社予想

 

・従業員

人数:770名

CEO:ブライアンアームストロング

CFO:アレシアハース

 

・特色

2012年に設立された暗号資産取引所コインベースは、これまでY Combinatorやa16zからの資金調達を実施し、2018年には企業価値80億ドルの評価を得ていました。米国暗号資産市場の黎明期を支え、最近ではカストディをはじめとして多角的な事業戦略によって世界を代表する暗号資産企業となったコインベースは、IPOに向けてSECへ上場を申請。

 

ビットコインが過去最高の23,600ドルの値をつけたタイミングでの発表は暗号資産市場でも大きな話題を読んでおり、従来の株式市場において暗号資産取引所の株式が売買される記念すべき年に2021年はなることでしょう。ブロックチェーン市場で分析事業を手掛けるメサーリの発表によると現在の評価額は280億ドルと推定されており、ビットコインの決済利用が2021年は増加すると想定した場合にはその価値はより向上していくとも考えられます。

 

金融インフラとして社会的知名度を高めるといった観点でもコインベースの上場は暗号資産市場においても大きな役割を果たすことが期待され、3500万人以上のユーザーが利用する世界的な暗号資産取引所としてコインベースは大きな飛躍を遂げることでしょう。

 

>>ブロックチェーン/暗号資産企業とIPO2021年における国家超越と非中央集権の現在

UiPath(ユーアイパス)

・時価総額

102億ドル(2020年12月)

 

・沿革

2005年設立(ブカレスト)

2020年12月上場申請

 

・資金調達状況

資金調達ラウンドの数 9

総資金額 12億ドル

主要投資家数 6

投資家数 25

 

・最近の資金調達ラウンド参加投資家

・Secondary Market

G Squared 

・Series E

Anchor Capital  

Accel 

IVP  

T. Rowe Price  

Madrona Venture Group 

Tiger Global Management 

Tencent Holdings 

Coatue 

Dragoneer Investment Group 

 

・M&A

2019年8月:StepShot

2019年10月:ProcessGold

 

・競合会社

Automation Anywhere

Blue Prism

Kryon

 

・業績

2019年

年間経常収益(ARR):3億6,000万米ドル

新規経常収益(ARR):6,000万米ドル(2019年第4四半期)

 

・従業員

人数:42名

CEO:Daniel Dines

CFO:AshimGupta

 

・販売先

Amazon

Bank of America

Verizon

6,300以上の取引先

Fortune 20企業の50%が顧客に

 

・特色

UiPath(ユーアイパス)は、RPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)を活用した業務自動化事業を手がけており、今年の7月にはAnchor Capitalが主導したシリーズEで2億2,500万ドルを調達。評価額は2019年のシリーズDラウンドで70億ドルと算定され、2020年にはDX(デジタルトランスフォーメーション)への関心の高まりとともにUiPath(ユーアイパス)には102億ドルの評価額がついています。

 

業務の個別最適化を推進するRPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)サービスは、企業/部門間の業務効率化を目指すDX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みとして導入する企業が多く存在します。定型業務をデジタル技術によって大替/補完することで企業活動の効率化を図ることで人件費削減につながることからRPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)への需要はデジタル化の文脈の中で、より高まることでしょう。

 

>>アメリカIPOスケジュール【20211月第3週】AffirmPoshmarkが上場

まとめ

Coinbase(コインベース)、UiPath(ユーアイパス)の他にも下記の企業が2021年には上場する可能性が高いとされています。

 

開発コード共有・管理プラットフォーム:GitLab

マルチクラウドインフラ管理・運用サービス:HashiCorp

統合データ分析プラットフォーム:Databricks

 

2020年はテック系スタートアップ企業を中心に精鋭株が上場し、ロビンフットや暗号資産取引サービスを活用して個人投資家が投資を行う環境が今まで以上に整備されました。実体経済と金融経済の乖離は一段と大きくなったことがどのように米国株式市場に影響を及ぼすのか現在のところ未知数ではありますが、2021年も企業の成長が経済を活性化していくことでしょう。

 

また、上場時に株主の売り出しを行わないダイレクトリスティングはSpotifyやSlackが行ったことで、知名度を高めていますが、2020年の相場ではIPO銘柄に投資が集中し、初値が2倍以上となるケースも少なくありませんでした。現在のIPO市場の構造的な問題に対して有用性の高い方法としてダイレクトリスティングを推奨する声は高まりを見せており、投資銀行によるプライシングの課題や費用面を考慮して今後はその事例が増加することも予想されます。

 

>ヘルスケア市場のIPO予想2021|アメリカ・スタートアップ企業の有望銘柄

 

 

・参照

Coinbase/Crunchbase

Coinbase/owler

UiPath/Crunchbase

UiPath/owler