ハイパーオートメーションとは?UiPathやRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)について

RPA, robotic process automation isometric landing page, innovation technology icons on retro colored half tone background, AI, Artificial intelligence concept, 3d vector illustration, line art, banner

各産業分野で最新技術を活用した業務効率化への様々な取り組みが行われており、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入は下記のようなメリットをもたらすとされています。

 

・データベースへの情報登録業務の自動化
・売上、費用集計の事務作業におけるヒューマンエラーの軽減
・勤怠管理票作成、業務登録の催促業務の工数削減

 

業務の属人化や事務作業の増大といった課題を解決し、これまで取り組めなかった新規業務へのアプローチや人的リソースの確保は、企業の資本効率性を向上させる上でも重要であり、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入は

 

・業務プロセスの可視化による手作業とRPA適用領域の把握
・RPA導入前のシナリオ設計、業務プロセスの再構築
・RPA導入後の運用サポート

 

といった各企業の組織、制度改革に向けた社内標準化への取り組みが必要になります。

 

ソフトウェアロボットの導入によって人件費の削減や作業効率化といったメリットをもたらすとされるRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ですが、実際の現場では適用領域が限定され、例外的な業務の発生によって、導入後の運用に支障が生まれるといったケースも存在します。

 

WordやExcelの作成といった定期的な業務の効率化は人的コストを削減し、特に営業支援や管理本部などでは活用が見込まれると考えられますが、各業務の最適化を図ることが重要であり、ソフトウェアロボットの導入によって全てが解決するわけではありません。

 

従来のように人による作業効率の向上やITソリューションで補完できる業務内容とRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を適用することで改善できる業務領域を精査・検討することがまずは重要であり、人とRPAの「業務分担」による生産性向上が一番のメリットであると言えます。

 

このように現在では、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の活用に多くの課題が存在しています。

 

その一方で、AI技術とRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を組み合わせ、ディープラーニング(深層学習)によるデータ解析を実現する「Cognitive Process Automation (CPA)」は、RPAによって自動化できる業務範囲を拡張することからより高度な業務をソフトウェアロボットに分担することもできるとされています。

 

このように複数の技術を組み合わせることでこれまで人間が行ってきた業務をソフトウェアロボットが実行し、業務の自動化を実現することを「ハイパーオートメーション」と言います。

 

業務効率化に関しては下記のように連日報道がなされています。

 

ArinoShift/コンサルティングによる業務工数の大幅な削減

GMOクラウド株式会社 株式会社LegalForce/企業法務の業務効率化

クロスマート株式会社/業務フロー診断の無料提供

アンカービジネスコンサルティング株式会社 デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社/Excel業務の自動化とコスト低減

株式会社ADDIX/テレワークにおける業務の可視化、効率化サポート

 

将来的には「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)×AI:ディープラーニング(深層学習)」といった最新技術を組み合わせたハイパーオートメーションサービスの普及によって、これまでは人による作業で担っていた業務の自動化が実現されることも考えられます。

 

日本でも「ハイパーオートメーション」の普及に向けて「UiPath」がサービスの提供を行っており、公式HPでは下記のような導入事例も紹介されています。

 

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社を通じて、UiPathプラットフォームの提供やバージョンアップ計画の無償策定も実施されています。

 

「UiPathバージョンアップ無償診断サービス」

 

このように日本においても「UiPath」を筆頭に「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」「RPA × AI」「ハイパーオートメーション」への取り組みが着実に進行しています。

 

ブロックチェーン技術も社外間の業務効率向上につながるとして活用が見込まれていますが、最新技術との組み合わせによって新たな付加価値を提供できるとも考えられ、近年でがAI技術とブロックチェーンによるディープフェイク動画の悪用対策が注目を集めています。

 

 

今後も最新技術動向について調査してまいります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA