ブロックチェーン

【ブロックチェーン×デジタル広告】費用対効果向上にむけて

デジタル広告は企業やサービスの認知度向上にとって非常に重要な役割を担っており、消費者である私たちもGoogleやYahoo!を通じて様々な広告を日常的に目にしています。

 

しかし、最近ではデジタル広告を表示させないアプリが登場し、過剰な誇張表現によって健康促進を煽るクリエイティブへの規制強化も行われています。

 

企業側としては、サービスの認知度向上によって売り上げを増加させたい思いがありますが、費用対効果の悪い広告などの展開によって広告宣伝費だけがかさんでいくといった事例も少なくありません。

 

そのためデジタル広告を「いつ、どこで、誰」に対して「どれくらいの頻度」で表示すれば効果的なのか?といった問題について各企業は頭を悩ませています。

 

そこで、ブロックチェーン技術を活用したデジタル広告の最適化への取り組みが行われており、日本ではTOYOTAがブロックチェーン企業Lucidityとの協力によってWebサイトへの訪問者数向上に取り組んでいます。

 

ブロックチェーン技術を活用した費用対効果向上や不正防止に向けた取り組みによって、デジタル広告業界がどのように変化していくのか解説します。

 

TOYOTA Lucidityとの取り組み

 

 

ブロックチェーン技術を活用することで、仲介業者を介すことなく広告インプレッションや支払いデータの検証を行うことができ、透明性の向上によって不正行為や詐欺の防止も期待されています。

 

TOYOTAはLucidityとの取り組みによって、ウェブサイト訪問者の21%増加に成功しました。

 

TOYOTAでは広告宣伝の最適化だけでなく、ブロックチェーン技術を自動車部品の製造にも活用する取り組みが行われています。

 

マクドナルド 「JICWEBS(Web標準化企業団体)」のブロックチェーンテストに参加

 

マクドナルドとネスレ、ヴァージンメディアは「JICWEBS(Web標準化企業団体)」のブロックチェーンテストに参加しています。

 

これは、ブロックチェーン技術をデジタル広告に活用し、透明性がどれだけ向上するかといった実証実験を行うもので、2019年末までのテストを予定しています。

 

将来的にはサプライチェーンの最適化も目指しており、より効率的な業務に向けた取り組みが行われています。

 

ブロックチェーンと広告業界の今後

 

決済手段にもブロックチェーン技術が活用されており、広告だけでなく様々な分野で取り組みが進んでいます。

 

業務の効率化や透明性向上といった課題に対してはスマートコントラクトの自動契約といった機能が活用されており、今後も幅広い業種において活躍が期待されています。

 

広告業界は消費者の広告離れが大きな課題とされており、わざとらしい広告表現や複数回に渡る広告表示が嫌悪の対象となっています。

 

そのような中で、消費者の興味関心や購買意欲に対して最適な広告運用を目指すことで、より効果的なマーケティングの実現が可能となります。

 

フェイスブックは顧客情報を流出させ、アメリカ大統領選挙においてトランプ陣営が有利なように広告宣伝を行わせたとして多額の賠償金を払う事態に発展していますが、広告の重要性はマーケティングにおいて非常に重要になってきており、ブロックチェーン技術の導入によってより良い広告運用がなされることを期待しましょう。

 

参考文献

 

TOYOTA:ブロックチェーンで「デジタル広告」の不正行為撲滅へ ー Lucidityと協力

マクドナルド・ネスレなど3社、ブロックチェーンで「デジタル広告」効率化へ

****************
STOnlineはSNSを開始しました。

Twitter: @stonline_jp

Facebook: @sto.on.line.io

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA