STO

STO

ABS (資産担保証券)×セキュリティトークン|市場規模や事例について

本記事ではABS (資産担保証券)をセキュリティトークンとして発行する取り組みやSTO市場の将来性について解説していきます。 韓国のブロックチェーン企業である「Chain Partners」はSTO市場についてのレポートの中で...
STO

tZERO一般投資家のセキュリティトークン売買が可能に

アメリカではSTOに関する各企業のマーケティングが盛んに行われており、その中でも「tZERO」の取り組みは投資家からも大きな注目を集めています。 今年だけでも下記の表にあるような取り組みを進めており、セカンダリーマーケットの成...
STO

OpenFinance Network(OFN)|STO取引所(セカンダリー・マーケット)について

株取引が、今や誰にとっても身近なものになったように、セキュリティトークンの普及にもまた、高い流動性が欠かせないでしょう。 そのため、セキュリティトークン業界では、発行プラットフォームだけでなくセカンダリーマーケットとしての取引...
STO

DXエクスチェンジ|FIXプロトコル・ターボトークンについて

Talking about security tokens and the DX IGWT token in Tokyo. pic.twitter.com/jwEwlV3V3H — Daniel Skowronski (@dansko...
STO

ヨーロッパのセキュリティトークン取引所や規制状況

アメリカではセキュリティトークンの多くがSECへの登録免除規定である「Regulation D」を適用し、発行が行われています。そのため、セキュリティトークンは「売買制限証券」と定義され、売買が禁止されるロックアップ期間が「12ヶ月」に設定...
STO

Stellerro|事業開発の拡大のためSTOをスペインで実施

STOは新しい資金調達方法として注目を集めていますが、実際のところ、どのSTOに投資をすればいいかの判断は簡単なものではありません。 トークン化された証券は世界各国の規制に準拠しているものの、STOによって収益分配や四半期ごと...
STO

ビットボンドのセキュリティトークン、取引開始

ドイツで中小企業向けの融資サービスを展開するBitbondのセキュリティトークン、BB1の取引が正式に開始されました。BB1はドイツで最初に認可されたセキュリティトークンとしてSTOを5月28日に開始しました。 7月8日にSTOが終了...
STO

Fundament|2億8000万ドル分のSTO計画をBaFin承認へ

ドイツのブロックチェーン企業「Fundament Group」は2億5000万ユーロ(2億8000万ドル)分の不動産担保証券をセキュリティトークンとして発行する計画を進めており、7月18日にはBaFin(ドイツ連邦金融監督庁)に承認されたこ...
STO

日本におけるSTOの未来|第一項有価証券や金商法改正について

セキュリティトークンは金商法の改正にともない「電子記録移転権利」と定義されており、発行する場合には、金商法で定められた「開示規定」が適用されると考えられます。 開示規定:有価証券届出書の提出・目論見書の交付・継続開示 改...
STO

Provenanceブロックチェーンを活用した証券化商品の組成・販売|STOで2,000万ドルの資金調達

ここ数ヶ月はビットコインの高騰やフェイスブックが開発を進めるステーブルコインLibraが話題を集めていました。 アメリカではSECが初のICOの承認を行うなど、規制に準拠した資金調達方法として発展を遂げています。 ...
STO

Neufund(ドイツ)|ETOで3,387,752ユーロの資金調達に成功

これまで企業の多くはベンチャーキャピタルを通じて、資金調達を行ってきました。 しかし、投資家はベンチャーキャピタルに投資をして10年前後は運用を続けなくてはならないため、流動性の低さが課題とされてきました。 その...
STO

MtPelerinホワイトペーパー解説|スイスのSTOについて

MtPelerinは独自規格の「Mt Pelerin Bridge Protocol」を開発し、STOを実施しています。 200万CHFの調達を目的としたこのSTOは、120万CHF、5,028ETHの資金調達...
STO

Securitize|セキュリティトークン発行(STO)プラットフォーム

「Securitize」は2017年11月に設立されたアメリカのブロックチェーン企業で、セキュリティトークンの発行プラットフォームの開発・運営を行なっています。 最近ではIBM社が主催する「IBM Blockchain Acc...
STO

BTGが10億ドル以上のSTOを計画|Tezosについて解説

投資銀行「BTG Pactual」は10億ドル以上のセキュリティトークン発行計画を明らかにしました。 これはドバイの投資ファンドである「Dalma Capital」との共同計画として発表され、「Tezosブロッ...
STO

blockimmo|ブロックチェーンによる3億3300万円分の不動産取引に成功

blockimmoはブロックチェーン技術を活用した不動産の売買プラットフォームです。 不動産物件をblockimmoに登録するとトークンとして発行され、ブロックチェーン上で管理・販売することができます。 ...
STO

投資銀行 BTG Pactual|不動産プラットフォーム「ReitBZ」と提携しSTOを実施へ

ラテンアメリカで最大手の投資銀行「BTG Pactual」は不動産プラットフォーム「ReitBZ」と提携しSTOを実施しています。 このSTOはブラジルの不動産市場の発展を目指して行われ、330万ドルの調達に成功しまし...
STO

Kriptomat STOホワイトペーパー解説|エストニア暗号資産取引所

Kriptomatはエストニアで認可された暗号資産取引所で、EUの規制に準拠しています。 手数料の低さやシンプルでユーザーフレンドリーなデザイン性が特徴です。 22ヶ国語に対応し、ビットコインやイーサリアムをはじめとして...
STO

BlockState|スイスのセキュリティトークン発行プラットフォームについて

スイスはブロックチェーンの聖地・クリプトバレーが有名ですが、700以上のブロックチェーン企業の誘致に成功しています。 近年のスイスはUBSグループのマネーロンダリング幇助が国際的な問題となったことで、国際の見直しを迫られていま...
STO

Bitbond(ビットボンド)社債セキュリティトークンを発行

ドイツ国内ではじめてBaFin(ドイツ連邦金融監督所)に承認されたSTOである「Bitbond(ビットボンド)」は社債をセキュリティトークンとして発行することで、350万ユーロ(390万ドル)の資金調達を行なっています。 P2...
STO

VMCのSTO解説|MaaSとブロックチェーンの融合

VMCは「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」とブロックチェーン技術の融合に取り組んでいます。 交通機関での支払いをブロックチェーン上で行うことで、より効率的なMaaS事業を実現できます。 ...
STO

SpaceFundOne STO解説|ブロックチェーンと宇宙開発

2040年代には1兆ドルの市場規模になることが予測されている宇宙産業。(ゴールドマン・サックス調べ) かつて宇宙旅行は天文学的な費用がかかりリスクも高いため、政府や資産家だけのものとされてきました。 しかし、最近...
STO

Resolute.Fund|アメリカ不良債権投資STOの特徴や配当について

Resolute.Fundはアメリカで「不良債権投資」事業に取り組んでいます。 サブプライムローンによる不良債権は小口化されていたため、個人投資家でも投資することができるようになりました。 それをポートフォリオと...
STO

Swarm(スウォーム)|STOプラットフォームの仕組みや事例

Swarm(スウォーム)は限られた投資家しか参加できないオルタナティブ投資に一般投資家も参加できるプラットフォームとして話題を集めています。 未公開株や不動産をセキュリティトークン化することで、より利回りのいい投資に一般投資家...
STO

healthbankのSTOについて|医療データプラットフォーム

ヘルスバンク(healthbank)は個人の医療情報をクラウド上で管理するプラットフォームを開発しています。 今までは受診した医療機関ごとに情報は管理されており、患者が自分自身で医療データを管理することは不可能でした。...
STO

FvnditのSTOについて|ベトナム中小企業へのP2Pレンディング

Fvnditはベトナムの中小企業への融資をより簡単にできるように作られたプラットフォームです。 P2Pを利用したレンディング事業を通じて貸し手と借り手を結び、ベトナムにある中小企業の資金調達をサポートするサービスを展開していま...
STO

用語集-1

・公開鍵暗号 暗号化と復号化に別々の鍵を用いる暗号方式です。暗号化に使われる鍵は公開し、復号化に使われる鍵は秘密にすることで、暗号の強度を高める暗号方式です。 ・ナンスとハッシュ値 ナンスは「一度だけ使われる数字」を意味する32ビット...
STO

STO・ICO・IPOの違いについて

STO、ICO、IPOはそれぞれSecurity Token Offering、Initical Coin Offering、Initial Public Offering の略です。 この三つに共通している「Offering」という...
STO

取引所:tZero – アメリカのSTOプラットフォームの内情は?

tZERO tZEROとは世界最大とも言われているアメリカのSTOプラットフォームです。2014年10月にtZEROはウォール・ストリートに革新をもたらそうとOverstock.comの子会社であるMedici Venturesから改...
STO

スイスの証券取引所、デジタルトークン発行を検討

スイスの主要証券取引所であるSIX Swiss Exchange の最高経営責任者であるThomas Zeeb氏は、自社のデジタルトークンの発行を検討していることを明らかにしました。SIXは2019夏にライブ公開される新規デジタル公開(ID...
STO

リヒテンシュタインのセキュリティトークン市場動向|ユニオンバンクやedeXa

リヒテンシュタインにある「ユニオンバンク(Union Bank)」が銀行としては世界で初めてセキュリティトークンを発行することが明らかになりました。 「ユニオンバンク(Union Bank)」は2018年8月にスイス・フランを...
タイトルとURLをコピーしました