STO

STO

経常収益(ARR)の証券化|事業証券化(WBS)のメリット・デメリット

事業証券化(WBS)は、レストランのフランチャイズ費用や音楽のライセンス契約といった安定したキャッシュフローを裏づけとして証券を発行し、日本でも2002年5月の「熱海ビーチライン事業証券化」をはじめとして 20...
STO

タイ8,000万ドル相当のトークン(想定利回り6%)発行へ|Elevated Return

タイでは投資家保護を目的とした暗号資産に関する規制の修正を行い、国際的な競争力を向上させ、市場の成長を促進させることを明らかにしています。 タイ証券取引委員会(SEC)は、2020年にも暗号資産ビジネスに関する法律の改正を予定...
STO

tZERO|米国プライベートエクイティ投資市場にセキュリティトークンは必要?

「二極化」は、資本主義の構造的欠陥と考えられてきましたが、混乱を極める現代社会の中で、どのようにセキュリティトークンが活用されていくのか、プライベートエクイティ投資市場の動向を踏まえて、今回は考察していきます。 セキュリティト...
STO

ジブラルタルのSTO市場概況|セキュリティトークンに関する法規制について

ジブラルタルでは、2017年に設立されたGSX Groupを中心として証券市場にブロックチェーン技術を採用する取り組みが行われています。 ・GSX Groupの主な企業 Gibraltar Stock Exchange (G...
STO

Securrency|サウジアラビアでセキュリティトークン発行プラットフォームプロジェクトを開始

Securrencyは、ブロックチェーンと既存の金融インフラストラクチャをシームレスに統合できるように設計されたオープンフレームワーク「Securrency Interoperating System」を構築しており、下記のような機能を提供...
STO

Outlook for Security Token Business in Europe

TokenSoft operates a security token business in Europe through "TokenSoft International AG" established in Switzerland. ...
STO

Taiwan STO Regulations | About the spread of security tokens and the maturity of the capital market

It has been considered that the STO promotes efficient financing of companies, promotes industry in each country, revita...
STO

ヨーロッパにおけるセキュリティトークンビジネスの展望

TokenSoftは、スイスに設立された「TokenSoft International AG」を通じて、ヨーロッパでのセキュリティトークン事業を展開しています。 ヨーロッパ市場では、ドイツやイギリス、スイスを中心にSTOが実...
STO

台湾STO規制を解説|セキュリティトークンの普及と資本市場の成熟について

STOは、企業の効率的な資金調達を促進し、各国の産業振興および資本市場の活性化、投資家育成が図られると考えられてきました。 台湾の規制当局である台湾金融監督委員会は、STOに関する法的枠組みの整備に取り組み、証券市場の安全性を...
STO

セキュリティトークン市場における規制当局の役割|Neufund(ドイツ)

これまで企業の多くはベンチャーキャピタルを通じて、資金調達を行ってきました。 しかし、投資家はベンチャーキャピタルに投資をして10年前後は運用を続けなくてはならないため、流動性の低さが課題とされてきました。 その...
STO

不動産担保証券セキュリティトークンについて|Fundament Group(ドイツ)

ドイツのブロックチェーン企業「Fundament Group」は2億5000万ユーロ(2億8000万ドル)分の不動産担保証券をセキュリティトークンとして発行する計画を進めており、7月18日にはBaFin(ドイツ連邦金融監督庁)に承認されたこ...
STO

TokenSoft ERC-1404|RegTechによるコンプライアンス業務の自動化

米国では企業がセキュリティトークンプロトコルを利用して資金調達が行われており、Form F-1、N-2による登録届出書にもその詳細について記載がされています。(Theseus U.S. Debt Fund) the shares ...
STO

セキュリティトークンP2P取引と不動産の部分的所有権(fractional ownership)についての考察

・セキュリティトークンP2P取引について ・不動産の部分的所有権(fractional ownership)トークンの普及 ・米国のユースケースを各国で展開するための法律構成の確認について 米国では不動産の部分的所有権(fra...
STO

電子記録移転権利等の発行市場を担う基幹システムのガイドラインについて

一般社団法人日本STO協会(JSTOA)は、「電子記録移転権利等の発行市場を担う基幹システムのガイドライン(以下、ガイドライン)」を発表。 日本では、改正金融商品取引法が2020年5月1日に施行され、セキュリティトークンは「電...
STO

野村総研 デジタルアセット債発行|ブロックチェーンを活用した社債発行とは?

現在、セキュリティトークンに関する研究は幅広い分野で行われています。 すでにSTOが証券法のもとでどのように取り扱われるか明確になっている米国では、健全な市場形成に向けて規制当局や市場関係者がブロックチェーンを導入した証券取引...
STO

TokenSoft|トランスファーエージェント登録やTezosブロックチェーン導入について

TokenSoftは、将来的なビジョンとして自動化された投資銀行を掲げており、米国におけるトランスファーエージェント登録やTezosブロックチェーン導入について今回は解説していきます。 TokenSoftは、セキュリティトーク...
STO

ボストンセキュリティートークン取引所(BSTX)|既存の証券取引所とブロックチェーンの融合に向けて

The Boston Security Token Exchange(BSTX)は、全米市場システム(NMS)に基づき、ブロックチェーンを活用したセキュリティトークン取引所運営を行うため、規制の変更などSECとの協議を続けています。 ...
STO

フランス・セキュリティトークン市場の現状|Blockpulse・Equisafeの取り組み

フランスでは国内初のセキュリティトークン取引所の開設を目指して「Blockpulse」が「Lemonway」と提携を結び、ブロックチェーン技術を活用した証券の発行・管理サービスを提供することを明らかにしています。 フランスでは...
STO

STO市場において法規制はどうあるべき?米国の最新事例を紹介

米国では、SEC(証券委員会)への登録免除規定であるRegulationを利用して私募市場ので資金調達が行われており、これによって成長企業への投資が活性化されてきました。 一方で、IPO前に時価総額が高くなりすぎてしま...
STO

Blockstation|ブロックチェーンによるIPOプロセスの効率化

トークナイズドIPOは中小企業の資金調達の促進に貢献し、証券取引所がグローバル市場からの投資家を獲得できるといったメリットがあることから、資本市場のさらなる流動性向上につながると考えられています。 この取り組みはカナダ...
STO

「Paxos(パクソス)」|ブロックチェーンを活用し証券保管振替・決済機構を介さず証券決済を実現

暗号資産のカストディサービスや米ドルペッグステーブルコイン「Paxos(パクソス)」の発行を行っているブロックチェーン企業「Paxos Trust Company)」は「Paxos Settlement Service」を発表しました。 ...
STO

オーストラリアナショナル証券取引所(NSX)|証券決済の効率化にむけた取り組み

オーストラリア・ナショナル証券取引所(National Stock Exchange of Australia)は、地域証券取引所として1937年に設立されました。(※当時の名称はニューカッスル証券取引所) 最盛期には300社...
STO

デジタルIPO|スイス企業「OverFuture」がブロックチェーン上で普通株式セキュリティトークンを売り出しへ

ブロックチェーン上で株式をトークン化し、普通株式セキュリティトークンとして売り出すデジタルIPOがスイスで認可されました。 これまで米国における私募市場の流動性向上やドイツでの公募による資金調達方法としてSTOが注目を集めてき...
STO

「Securitize(セキュリタイズ)」SFV・GBファンドから資金調達を実施

「Securitize(セキュリタイズ)」は、これまで10社以上のSTOを実施し、その実績からセキュリティトークン市場においても高い評価を得ている米国企業です。 米国市場では、私募市場が拡大していることからSTOに関しても活発...
STO

NBAディンウィンディー選手がSTOを実施へ|過去にはデヴィッド・ボウイが債券を発行

米国では著名な音楽家が著作権収益や将来的なライブ活動による収益を担保にして債券を発行してきた事例があり、過去にはデヴィットボウイやジェームズブラウンが資金調達に成功しています。 このような取り組みはデヴィットボウイの債券発行(ボウイ債...
STO

プライベートエクイティのセカンダリー市場について|ナスダックプライベートマーケット・シェアーズポスト

米国株式市場においては90年代後半から上場会社数が減少しているものの時価総額は過去最高値を更新しています。 上場会社数の減少の主な理由としては私募市場の規制緩和が挙げられ、ヘッジファンドやベンチャーキャピタルからの資金調達がよ...
STO

インドネシアの資本市場とセキュリティトークン|フィンテックや金融包括

インドネシアでは、海外投資家を中心とした資本市場が形成されており、金融庁(OJK)は機関投資家の育成や個人投資家へのフィンテックを活用した金融サービスの提供など市場活性化に向けて積極的に取り組んでいます。 インドネシア証券取引...
STO

マルコポーロネットワークと貿易金融の効率化について|ブロックチェーンで取引データを共有

マルコポーロネットワークは貿易金融における取引データの即時共有システムの構築を目指し、試験運用を行なっていました。 R3のブロックチェーンである「Corda(コルダ)」をつ活用したこの取り組みはすでに70組織以上が参加をしており、企業...
STO

高級不動産のセキュリティトークン化について|SmartlandsとSothebyの取り組み

ブロックチェーンを活用した資産のセキュリティトークン化は、ここ数年、金融市場において大きな注目を集めています。 SmartlandsとUK Sotheby's International Realty(以下、Sotheby)は、高級不...
STO

中国海南省が10億元(約155億円)規模のブロックチェーン基金を設立

中国では海南省においてブロックチェーン企業への融資を行うことを目的に10億元(約155億円)規模の基金を設立することが明らかにされています。 海南省には、海南自由貿易区(FTZ)ブロックチェーン試験区があり、「ブロックチェーン...
タイトルとURLをコピーしました