STO

STO

NBAディンウィンディー選手がSTOを実施へ|過去にはデヴィッド・ボウイが債券を発行

米国では著名な音楽家が著作権収益や将来的なライブ活動による収益を担保にして債券を発行してきた事例があり、過去にはデヴィットボウイやジェームズブラウンが資金調達に成功しています。 このような取り組みはデヴィットボウイの債券発行(ボウイ債...
STO

セキュリティトークンの有用性|米国株式市場のIPO数減少とプライベートエクイティ

米国株式市場においては90年代後半から上場会社数が減少しているものの時価総額は過去最高値を更新しています。 上場会社数の減少の主な理由としては私募市場の規制緩和が挙げられ、ヘッジファンドやベンチャーキャピタルからの資金調達がよ...
STO

インドネシアの資本市場とセキュリティトークン|フィンテックや金融包括

インドネシアでは、海外投資家を中心とした資本市場が形成されており、金融庁(OJK)は機関投資家の育成や個人投資家へのフィンテックを活用した金融サービスの提供など市場活性化に向けて積極的に取り組んでいます。 インドネシア証券取引...
STO

マルコポーロネットワークと貿易金融の効率化について|ブロックチェーンで取引データを共有

マルコポーロネットワークは貿易金融における取引データの即時共有システムの構築を目指し、試験運用を行なっていました。 R3のブロックチェーンである「Corda(コルダ)」をつ活用したこの取り組みはすでに70組織以上が参加をしており、企業...
STO

高級不動産のセキュリティトークン化について|SmartlandsとSothebyの取り組み

ブロックチェーンを活用した資産のセキュリティトークン化は、ここ数年、金融市場において大きな注目を集めています。 SmartlandsとUK Sotheby's International Realty(以下、Sotheby)は、高級不...
STO

中国海南省が10億元(約155億円)規模のブロックチェーン基金を設立

中国では海南省においてブロックチェーン企業への融資を行うことを目的に10億元(約155億円)規模の基金を設立することが明らかにされています。 海南省には、海南自由貿易区(FTZ)ブロックチェーン試験区があり、「ブロックチェーン...
STO

Securitize(セキュリタイズ)BUIDLを子会社化|証券のデジタル化を促進へ

アメリカのセキュリティトークン発行プラットフォームであるSecuritize(セキュリタイズ)は、日本企業であるBUIDLを買収し、100%子会社とすることを明らかにしています。 日本市場では証券取引システムのデジタル化への取...
STO

ブロックチェーンを活用した金融のデジタルトランスフォーメーション(DX)の現状

ドイツ国内の証券取引所の統括を行なっている企業グループであるドイツ取引所は、コメルツバンクやクレディスイス、UBSとの共同で債券取引への分散型台帳技術の導入への取り組みを行なっています。 証券取引の分野では、デジタルトランスフ...
STO

Progmat|スマートコントラクトによる証券取引の効率化・「T+0」の実現

証券取引の効率化を目指し、ブロックチェーン技術を活用する取り組みが行われています。 日本では約定から決済まで3日ほどかかる(T+3)など、煩雑な手続きが長年の課題とされてきました。 照合業務においては、投資家が運...
STO

Equisafeフランス初の不動産STO|15のSTOプロジェクトを計画

パリの西部郊外にある高級不動産であるAnnA Villaは、フランス初の不動産担保セキュリティトークンとして2019年6月に発行されました。 フランスのデジタル投資銀行「Equisafe」は、セキュリティトークン発行業務などを...
STO

タイのSTO市場・暗号資産規制|SE DigitalやICOポータル

タイでは投資家保護を目的とした暗号資産に関する規制の修正を行い、国際的な競争力を向上させ、市場の成長を促進させることを明らかにしています。 タイ証券取引委員会(SEC)は、2020年にも暗号資産ビジネスに関する法律の改正を予定...
STO

ハイブリッドIPOとは?金融の効率化とSTO市場について

世界的なチェスの大会を運営する「Worldchess」(イギリス)が、セキュリティトークン発行後にIPOを行う「ハイブリッドIPO」を発表しました。 IPO前にSTOによる資金調達を行うこの取り組みは世界的にも珍しく、「Wor...
STO

セキュリティトークンとトークン化された証券の違い|「Progmat」「ibet」について

世界ではアメリカやドイツを中心にセキュリティトークンの発行が行われており、日本においても来年春に予定されている法改正を目前に控え、大手金融グループによるセキュリティトークン発行プラットフォームの発表が相次いで行われています。 ...
STO

セキュリティトークン取引所「iSTOX」に東海東京が出資へ

法規制に準拠した既存金融システムにブロックチェーン技術を活用する取り組みは連日のように報じられていますが、アジア市場においては中国人民元デジタル通貨発行など、中国が中心となってブロックチェーン技術の発展が行われると予想されてます。 ...
STO

G7・G20で米フェイスブック「リブラ」に猛烈な逆風

G20、米フェイスブック「リブラ」の発行を当面認めず 日本時間19日未明、20ヶ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が米国ワシントンで閉幕した。当初より、米フェイスブックが主導するステーブルコインプロジェクト「リブラ」の規制に焦点が...
STO

STOのメリット・デメリット|セキュリティトークンとは?

セキュリティトークンとは「ブロックチェーン上で有価証券をトークン化したもの」です。 (有価証券:株式や社債、不動産といった資産を持っていることを証明するもの) 資産の所有や債券を証明する有価証券は、その国ごとの規制に準拠していま...
STO

米中閣僚級貿易協議の影響やリブラへの規制強化|日刊暗号資産ニュース10月7日

米中閣僚級貿易協議に関して中国側が合意に難色を示していることが明らかになったことから、週明け月曜日の相場は慌ただしい動きを見せています。 ビットコインも8,000円を下回るなど下降トレンドが続いており、世界的な景気悪化の不安感...
STO

アジアのSTO特集|取引所や法規制について

アメリカでは、セキュリティトークンを活用した資金調達の事例が毎月報告されており、最近ではReg+を適用したICOがSECに認可され、これには一般投資家も投資に参加しています。 アジアではシンガポールやフィリピンCEZAにおいて...
STO

TradeCloud(スイス)4,200万ドル規模のSTO|コモディティ市場の金融化

TradeCloudは、コモディティ市場を対象にP2Pプラットフォームを提供しており、販売者と購入者を直接的に結びつけることで、効率的な取引を実現しています。 現在のところ金属産業を中心としてプラットフォームは運営されており、...
STO

SBI北尾CEO・STO自主規制団体を2020年4月に認定へ【内閣府令による2項有価証券の適用について】

SBIホールディングス北尾吉孝CEOは、日本でのSTOの普及を目指し、楽天やカブコム、マネックスといったネット証券会社との自主規制団体構想を7月に行われた決算発表会で、明らかにしていました。 そして、自主規制団体の認定について...
STO

StartMark(ドイツ)5,000万ユーロ規模のSTOを実施|スタートアップ企業への投資

ドイツの金融市場当局であるBafinは、StartMarkの5,000万ユーロのSTOを承認しました。 これまでは新しいビジネスアイデアに実際に投資するのは、ごく少数の資産家や投資家に限定されてきましたが、StartMarkは...
STO

Smartchem(リヒテンシュタイン)STOで2,425万ユーロの資金調達へ

ドイツ・ライプツィヒを拠点とするIntelligent Fluids社は、環境に配慮した高性能な洗浄剤の開発を行っています。 その独自技術は、化学的な溶解ではなく、強固な汚れに浸透し、剥離されることで、物理的に汚染物を除去しま...
STO

ARYZE(デンマーク)STOで2900万ドルの資金調達へ

ARYZEは2020年第1四半期における新たな事業展開のために、STOを実施し、2900万ドルの調達を目標としています。 RYZEトークンは米国とEUの適格投資家にむけて販売され、一般投資家に向けては販売されていません...
STO

規制のサンドボックス制度|Crypto Garageの取り組み

大和証券と200億円規模のファンドを組成するなど、スタートアップ企業への投資にも積極的なDigital Garage(デジタルガレージ)。 その子会社であるCrypto Garageは、2019年1月に「サンドボックス...
STO

BlackManta|STOプラットホームを2019年第4四半期から開始へ

ドイツでは国債全年限でマイナス金利化が進んでいますが、ECB(欧州中央銀行)の量的緩和とともにキャピタルゲインを得ることを目的として買いが殺到。 国債利回りは、財政悪化の指針として古くから知られていましたが、すでにその役割は失...
STO

INX|セキュリティトークン取引所が1億2950万ドル規模のIPO計画を発表

アメリカでは私募市場における新たな資金調達方法として多くの企業がSTOの採用を検討しています。 その多くはRegD506(c)を適用して行われますが、BlockstackはRegA+の規制のもとで2,800万ドル(約30億円)...
STO

不動産証券化のメリット・デメリット|Aspen Coin

不動産投資は多額の資金を必要とし、一部の資産家や機関投資家にしかできないため、近年では小口化にむけた取り組みが進められてきました。 その1つとして不動産の「証券化」があり、 ・不動産投資信託(REIT) ・資産...
STO

ABS (資産担保証券)×セキュリティトークン|市場規模や事例について

本記事ではABS (資産担保証券)をセキュリティトークンとして発行する取り組みやSTO市場の将来性について解説していきます。 韓国のブロックチェーン企業である「Chain Partners」はSTO市場についてのレポートの中で...
STO

tZERO一般投資家のセキュリティトークン売買が可能に

アメリカではSTOに関する各企業のマーケティングが盛んに行われており、その中でも「tZERO」の取り組みは投資家からも大きな注目を集めています。 今年だけでも下記の表にあるような取り組みを進めており、セカンダリーマーケットの成...
STO

STO取引所(セカンダリー・マーケット)|OFN・DX Exchangeについて

株取引が、今や誰にとっても身近なものになったように、セキュリティトークンの普及にもまた、高い流動性が欠かせないでしょう。 そのため、セキュリティトークン業界では、発行プラットフォームだけでなくセカンダリーマーケットとしての取引...
タイトルとURLをコピーしました