不動産STO

STO

Equisafeフランス初の不動産STO|15のSTOプロジェクトを計画

パリの西部郊外にある高級不動産であるAnnA Villaは、フランス初の不動産担保セキュリティトークンとして2019年6月に発行されました。 フランスのデジタル投資銀行「Equisafe」は、セキュリティトークン発行業務などを...
不動産STO

不動産セキュリティトークン|投資商品としての可能性について

アメリカではHarborが学生寮REITをセキュリティトークンとして発行し、2,000万ドルの資金調達を目指したものの貸し手との折り合いがつかずに結局のところ今年の4月に中止となってしまいました。 不動産市場規模を考えると、セ...
不動産STO

小規模不動産特定共同事業を解説|登録要件や事例について

今回は「小規模不動産特定共同事業の登録要件」について解説していきます。 「不動産特定共同事業法(不特法)」の改正によってインターネットを通じた不動産投資「不動産クラウドファンディング」への取り組みが推進され、資産運用の1つとし...
不動産STO

不動産特定共同事業法(不特法)|小口化商品とJ-REITの違い

「不動産特定共同事業法(不特法)」の改正が平成29年12月に行われてから不動産の小口化が実現し、投資商品としても注目を集めています。 これまでは資本金が1億円からなど参入に大きなハードルがあった不動産の小口化事業ですが、不特法...
不動産STO

不動産投資クラウドファンディング|不特法によるシステムを解説

最近ではインターネットやアプリを利用して気軽に不動産投資ができるようになり、資産運用をこれからはじめたいという人々が中心となって話題を呼んでいます。 これまでは不動産投資は富裕層や投資家にしかできないといったイメージが強くあり...
不動産STO

不動産投資クラウドファンディング|不特法やブロックチェーンの可能性

最近では不動産特定共同事業法(不特法)に基づいて行われる少額の不動産投資が注目を集めています。 株式会社ブリッジ・シー・キャピタルが運営する「CREAL」は不動産投資クラウドファンディングとして多くの投資家が参加しており、これ...
不動産STO

不動産のセキュリティトークン活用事例|小口化や空き家問題

昨今、不動産業界では地方を中心に増加の一途を辿る空き家の存在が問題となっています。 近年では、商店街などでもシャッターが降りたまま、長年買い手が見つからない物件も増えてきています。 そのような課題を解...
不動産STO

不動産のセキュリティトークン化の事例|J-REITや証券化不動産市場

アメリカでは連邦証券取引委員会(SEC)の規制に準拠して私募の範囲内でのセキュリティトークン(以下、ST)の発行が盛んに行われています。 すでに発行プラットフォームとしてSecuritizeやPolymathなどが...
不動産STO

不動産投資とブロックチェーン|円高ドル安や流動性向上

今回は「ブロックチェーン×不動産」の活用事例を解説していきます。 仮想通貨を用いた資金調達(ICO)が各国の規制の外側で多くの混乱を招いて以降、 世界的に法規制に準拠した形で株式や債券をトークン化する「セキュリティトークン...
タイトルとURLをコピーしました