暗号資産規制

STO

タイのSTO市場・暗号資産規制|SE DigitalやICOポータル

タイでは投資家保護を目的とした暗号資産に関する規制の修正を行い、国際的な競争力を向上させ、市場の成長を促進させることを明らかにしています。 タイ証券取引委員会(SEC)は、2020年にも暗号資産ビジネスに関する法律の改正を予定...
デジタル通貨

【G7邦訳】リブラG7最終報告書・エグゼクティブサマリー全訳

グローバルなステーブルコインの影響に関する調査 テクノロジー革新と金融サービスの現実 テクノロジーの革新は、金融サービスと金融商品の提供を変革しています。とりわけ決済サービスは、新しい支払い方法やプラットフォーム...
デジタル通貨

米大手ペイパル、リブラ協会からの脱退を表明

ペイパル、リブラからの離脱を発表 米国大手電子決済企業・ペイパル ホールディングスは2019年10月4日、フェイスブックが主導するステーブルコインプロジェクト「リブラ」を運営するリブラ協会からの脱退を表明しました。 通貨発行権とそれ...
暗号資産規制

1exchange(1X)|シンガポールのセキュリティトークン取引所を解説

シンガポールにおいては暗号資産取引所に対して下記のような2種類のランセンス制度を設けており、今年の1月に成立した新しい法律のもとでは3種類になることがわかっています。 AE(Approved Exchanges):証券取引業へ...
暗号資産規制

アメリカSEC(証券委員会)|証券法の変更について

この記事ではアメリカ・SEC(証券委員会)の最近の取り組みについてまとめています。 アメリカにおいてはSEC(証券委員会)への登録免除規定Regulationを適用して、STOが行われています。 適格投資...
暗号資産規制

CEZA(カガヤン経済区庁)について|フィリピン

世界では暗号資産への規制を定めブロックチェーン企業の誘致をすることで、自国の経済発展を目指す取り組みが進められています。 ヨーロッパではスイスやマルタといった金融立国が多くの企業の誘致に成功し、伝統的な証券取引所が暗号資産取引...
暗号資産規制

暗号資産カストディ業務|AML/CFT規制強化にむけて

2020年春に予定されている資金決済法の改正によって、暗号資産のカストディ事業者は暗号資産交換業として規制の対象となります。 しかしながら、カストディ業務も規制が具体的でないとして、一般社団法人新経済連盟は「ブロックチェーンと...
暗号資産規制

アメリカ上院公聴会7月31日に開催へ|暗号資産規制とブロックチェーン

アメリカ上院の銀行サービス委員会で7月31日に暗号資産に関する公聴会を開催することが明らかになりました。 7月16、17日(現地時間)にはLibraについての公聴会が開催されましたが、今回は「“Examining Regula...
暗号資産規制

ビッグテック企業の金融業界進出を阻止へ|Libraへの規制強化

米下院金融サービス委員会は「Keep Big Tech out of Finance」と名を冠した法案草案をオンライン上で公表しており、ビッグテックが金融機関になることを防止する取り組みを行なっています。 ビッグテックは巨大な...
暗号資産規制

ビットポイント海外交換所でも2億5000円の不正流出|補償や規制について

ビットポイントジャパンは海外のグループ会社でも2億5000円の不正流出があったことを明らかにしています。 日本国内での不正流出については約30.2億円とされており、 顧客預り分 約20.6億円 ビットポイントジ...
暗号資産規制

ビットポイント不正流出問題|第4次FATF対日相互審査への影響

最近ではFATF(金融活動作業部会)による暗号資産への規制強化が世界的に行われており、日本では第4次FATF対日相互審査が今年の10月にも行われる予定となっています。 FATFはマネーロンダリング対策として暗号資産への規制強化...
暗号資産規制

SEC アメリカで初のICO承認|有価証券への該当基準について

アメリカではSEC(証券取引委員会)がICOプロダクト「Blockstack」によるトークン販売を承認したと話題になっています。 「Blockstack」はSEC公認の初のICOとなります。 今年4月にSECが発...
暗号資産規制

FATF解釈ノート7bの翻訳解説|トラベルルールについて

投資家保護とマネーロンダリング対策を掲げて暗号資産への規制強化を行なっているFATF(金融活動作業部会)ですが、その背景には既存の金融システムの優遇や保護にむけての思惑が交錯しているようです。 投資家(利用者)保護を目指し、「...
暗号資産規制

金融庁 事務ガイドライン改正案を公開|STOの今後は?

STOは「新しい資金調達方法」として注目を集めており、世界各国では法規制に準拠してセキュリティトークンの発行は行われています。 日本でも金融庁が事務ガイドライン改正案の中で、金融商品取引法の規制対象となることを明記しています。 ...
暗号資産規制

【G20大阪サミット】暗号資産規制を解説|FATFの取り組みや今後

今回は「20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)」を前に国際的な暗号資産規制への取り組みを解説をしていきます。 2019年6月28日、29日に行われる「G20大阪サミット」では、「解釈ノートとそのガイダンス(※1) 」を中心とした...
暗号資産規制

シンガポールの暗号資産規制

シンガポールは暗号資産の発展に積極的です。国内にはビットコインを始めとした暗号資産を取り扱う ATM があります。 まだ歴史が浅い国であり、既得権益が日本と比べて少ないため、本来ライバルとも捉え得る証券会社なども協力的です。 ...
暗号資産規制

長島・大野・常松法律事務所金融庁法案を解説

アジアのみならずニューヨークにも拠点をもつ日本の大手法律事務所、長島・大野・常松法律事務所は3月15日に国会に提出された金融庁法案についての解説を提供しました。 現在国会で検討されている法案は、日本のデジタル証券の定義を明確に...
暗号資産規制

イギリスにおける金融業界のサンドボックス

イギリスの金融当局である金融行為規制機構(FCA)はサンドボックスプログラムを提供しています。FCAのサンドボックスプログラムは、金融業界にイノベーションをもたらそうとしている企業が監督のもと、限定的に実際のマーケットにサービスを提供し...
タイトルとURLをコピーしました