デジタル通貨

デジタル通貨

デジタル人民元の発行はいつ?一帯一路政策への採用や今後について

この記事では、デジタル人民元の発行や一帯一路政策への採用についてお伝えいたします。 中国ではブロックチェーンの国家標準委員会が設置されるなど、国と政府が主体となって技術革新を目指す取り組みが行われています。 より...
デジタル通貨

ビックテックと金融サービス|キャッシュレス決済やデジタル通貨の今後

2017年の年末年始にかけてビットコインなど暗号資産が爆発的に普及してから早くも2年が経とうとしていますが、ボラティリティの激しさから決済手段としては広まらず、最近ではポイントサービスとの連携やキャッシュバックサービスの展開によって利用者拡...
デジタル通貨

アントフィナンシャル企業向けブロックチェーンプラットフォームを開始

アントフィナンシャル(Ant Financial)は、中小企業向けのブロックチェーンプラットフォームの展開を予定していることが明らかになりました。 すでに260件以上(2019年5月時点)ものブロックチェーン関連の特許を提出し...
デジタル通貨

【G7邦訳】リブラG7最終報告書・エグゼクティブサマリー全訳

グローバルなステーブルコインの影響に関する調査 テクノロジー革新と金融サービスの現実 テクノロジーの革新は、金融サービスと金融商品の提供を変革しています。とりわけ決済サービスは、新しい支払い方法やプラットフォーム...
デジタル通貨

CBDC(中央銀行デジタル通貨)とは?ブロックチェーンと電子マネー

今回は各国の中央銀行が取り組んでいるCBDC(中央銀行デジタル通貨)について解説していきます。 ブロックチェーン技術の金融インフラへの導入は取引における「処理速度」や「ネットワーク環境」への影響などが懸念されており、技術的な問...
デジタル通貨

ステーブルコインとは? 金融インフラとイノベーションの融合

金融市場では急速にデジタル・トランスフォーメーション化が進められており、業務内容の変化をはじめとして、将来的にはビジネスモデルの再構築の必要性も示唆されています。 そのような中で、ブロックチェーン技術を活用した取引の効率化を多...
デジタル通貨

米大手ペイパル、リブラ協会からの脱退を表明

ペイパル、リブラからの離脱を発表 米国大手電子決済企業・ペイパル ホールディングスは2019年10月4日、フェイスブックが主導するステーブルコインプロジェクト「リブラ」を運営するリブラ協会からの脱退を表明しました。 通貨発行権とそれ...
デジタル通貨

三菱UFJ・MUFGウォレット|デジタル通貨の発行予定は?

この記事では決済手段のトークン化事例として「MUFGウォレット」を解説していきます。 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)はクレジットカードなど複数の決済サービスを一元管理する「MUFGウォレット」を9月から...
デジタル通貨

暗号資産版SWIFTの現状と課題|マネーロンダリング対策について

SWIFT(国際銀行間通信協会)の「SWIFT GPI」プロジェクトによって国際送金の処理の50%は30分以内で行えるようになりました。 ほとんどの国際送金は24時間以内に着金が可能となるなど、2020年にはサービス展開がすで...
デジタル通貨

OTC取引のメリットや規制|中国人による大口取引について

OTC取引は取引所を介さずとも暗号資産を購入できるため、規制強化の流れとともにその存在感は日に日に増しています。 日本の暗号資産取引所「Coincheck」においてもビットコイン(BTC)のOTC取引仲介サービスを行なっていま...
デジタル通貨

テザー問題|最新情報やビットフィネックス資金凍結について

TetherやBitfinexを巡っては、「クリプト・キャピタル関連の資金損失ではなく凍結」といった主張をBitfinexはしていますが、8億5100万ドル(約950億円)にも及ぶ、巨額損失をTetherで補填したとしてニューヨーク州検事長...
デジタル通貨

JPモルガン×ステーブルコイン|米大手銀行の取り組み

最近では銀行によるステーブルコインの開発事例が数多く報告されており、フィリピンのユニオンバンクではフィリピンペソと連動した「PHK」を発表しています。 しかし、銀行ごとに異なるステーブルコインを発行する取り組みは相互運用の面で...
デジタル通貨

ステーブルコインの将来性|法律やデメリットについて

ステーブルコインは法定通貨に連動し、ブロックチェーン技術を活用した決済手段として注目を集めています。 国際送金の迅速化といったメリットがあり、アメリカからの経済制裁を受けている国々では避難資産としての活用もされています。 ...
デジタル通貨

マネックスがリブラに参加申請を提出|デメリットや今後は?

マネックスグループが日本企業としてははじめてLibra協会への参加申請を行なった、と松本大CEOは明かしています。 これはマネックスの2019年第二四半期決算の記者会見で、Libraへの参加表明を行なっており、8月の1次審査を...
デジタル通貨

Libra(リブラ)連絡会設置の理由|Facebookの今後

今回は財務省・金融庁・日本銀行による「Libra(リブラ)連絡会」設置を踏まえてLibra(リブラ)の今後について解説していきます。 ビットポイントの不正流出問題によって、これまでの暗号資産規制について見直しが急務とさ...
デジタル通貨

リブラ上院議会公聴会|顧客のデータ保護について

アメリカ上院公聴会に参加した議員の多くはプライバシーとセキュリティなど顧客のデータ保護について度重なる問題を引き起こしてきたFacebookについては信用できないとの見方を示しました。 Facebookは2016年のアメリカ大...
デジタル通貨

Libra(リブラ)プロジェクトへの規制やデメリット

世界のイノベーションを牽引してきたフェイスブックがなぜ、Libraのような複雑な仕組みを施した金融商品を発表したのか多くの人々は疑問に思っています。 それはフェイスブック社に金融商品の組成に詳しい人材や暗号資産の開発に取り組ん...
デジタル通貨

Libra 国際決済銀行(BIS)からの批判や収益化の仕組み

Libra(リブラ)は複数の法定通貨をバスケットにすることで、価格の安定性を保つステーブルコインの発行を計画しています。 Libraが発行するステーブルコインは分散投資と高い利回りが特徴であるETF(上場投資信託)のような仕組...
デジタル通貨

Libra(リブラ)に対する世界の反応|プロジェクト中断や規制の可能性

Libraプロジェクトについてヨーロッパ金融規制当局はFacebookが「シャドーバンク」になるのでは、と懸念を表明するなど、世界中から反対の声があがっています。 母国アメリカでは7月16日に公聴会が開かれる予定となっており、...
デジタル通貨

Libra(リブラ)ホワイトペーパー解説|ステーブルコインの将来性

ファイスブックがステーブルコイン発行計画である「Libra(リブラ)」を発表し、世界最大の暗号資産取引所であるバイナンスもビットコインに裏付けられたステーブルコイン発行の計画を明らかにしています。 法定通貨やビットコインと価格...
デジタル通貨

【ステーブルコインとは?】仕組みや種類・必要性について

ステーブルコインは暗号資産業界の発展に重要な役割をもつとされています。 この記事では、ステーブルコインの定義、暗号資産業界の発展における役割、そしてステーブルコインの有望なプロジェクトについて紹介します。 ステーブルコイ...
タイトルとURLをコピーしました