AB InBev ビールにおけるブロックチェーンの活用

Glass beer on dark background with copy space

ベルギーに本拠をもつ酒造メーカーAB InBev(アンハイザー・ブッシュ・インベブ)はザンビアにおけるビール醸造事業においてブロックチェーン技術を活用しています。

これまではオオムギ麦芽を使用することが多かったビール醸造ですが、「AB InBev」は2015年からは「キャッサバ」を使用した事業展開を始めました。「キャッサバ」はアフリカで多く生産され、炭水化物が豊富なためにビール醸造には最適な食物です。

AB InBev」は新たなビジネスモデルとしてザンビアでのビール醸造を目指していたのですが、キャッサバ農家の多くは銀行口座をもっておらず、帳簿もつける習慣もなかったのです。

お金の管理が難しく、さらには小規模な農家も多かったためブロックチェーンによる送金システムに2018年から取り組み始めました。これによって、アメリカのブロックチェーン企業「BanQu」のプラットフォームとの連携によってキャッサバの出荷管理が可能に。さらには、携帯電話経由でデジタル支払いをザンビアの農家にもできるようになりました

この「BanQu」のプラットフォームを活用することで、ウガンダ農家もデジタル支払いが可能になるなど「AB InBev」は取り組みは国境をこえて続いています。

<参考資料>

https://forbesjapan.com/articles/detail/26816

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA