stonline

不動産STO

REINNOが不動産ファンドをセキュリティトークン化|tZEROやHaborの取り組み

不動産セキュリティトークンおよびレンディング事業を行う米国企業「REINNO」は、不動産ファンドのセキュリティトークン化に成功しています。 「REINNO」が発行したセキュリティトークンは、商業用不動産ファンド「REI...
ブロックチェーン

ブロックチェーン投資|中国市場における資金調達や実証実験の動向

PANewsの統計によると、2019年には世界中で653件のブロックチェーン関連の資金調達が行われ、総額は約47億米ドル(約329億元)でした。 さらに、2019年には35件のM&Aが各国で行われ、その総額は30億ドルを超えています。...
ブロックチェーン

分散型金融(DeFi)のメリット・デメリット|市場の成長性や法規制について

ブロックチェーンはデータの改ざんが難しく透明性向上が見込めることから金融領域への応用が進んでいます。 ブロックチェーン技術を応用することで、第三者機関を介することなく価値の移転が可能となり、より効率的な金融取引を実現します。 ...
デジタル通貨

デジタル基軸通貨体制と貨幣発行自由化論|デジタル人民元やデジタルドルへの取り組み

オーストリアの経済学者・フリードリッヒ・ハイエクが唱えた「貨幣発行自由化論」は、各国が金本位制を完全撤廃し、変動為替相場制に移行した1970年代に生まれた思想です。 当時は、ニューディール政策など公共事業を行うことで、世界恐慌...
デジタル通貨

ステーブルコインのリスク管理と規制対応に向けて|フランス中央銀行の取り組み

#Live 🔴 Full house for the #StableCoinConference on the theme “Which ambitions for #Europe?” co-organized with...
STO

NBAディンウィンディー選手がSTOを実施へ|過去にはデヴィッド・ボウイが債券を発行

米国では著名な音楽家が著作権収益や将来的なライブ活動による収益を担保にして債券を発行してきた事例があり、過去にはデヴィットボウイやジェームズブラウンが資金調達に成功しています。 このような取り組みはデヴィットボウイの債券発行(ボウイ債...
STO

セキュリティトークンとプライベートエクイティ|米国私募市場について

米国株式市場においては90年代後半から上場会社数が減少しているものの時価総額は過去最高値を更新しています。 上場会社数の減少の主な理由としては私募市場の規制緩和が挙げられ、ヘッジファンドやベンチャーキャピタルからの資金調達がよ...
国際金融・経済

チリの新自由主義経済とスタートアップ企業の台頭

ミルトン・フリードマンが唱えた新自由主義は80年代頃から世界各国で採用され、日本でも故・中曽根康弘内閣(1982年〜1987年)が ・国営企業(日本専売公社、日本電信電話公社、日本国有鉄道)の私企業化 ・金融自由化 ...
STO

インドネシアの資本市場とセキュリティトークン|フィンテックや金融包括

インドネシアでは、海外投資家を中心とした資本市場が形成されており、金融庁(OJK)は機関投資家の育成や個人投資家へのフィンテックを活用した金融サービスの提供など市場活性化に向けて積極的に取り組んでいます。 インドネシア証券取引...
ブロックチェーン

OneConnectがSBIと提携|アジア市場における金融包摂とブロックチェーン

中国・平安保険の子会社「OneConnect」は、AI、ブロックチェーン、生体認証などを活用して、さまざまなフィンテックソリューションを開発しており、SaaSプラットフォームを介して、銀行、投資、保険といった分野において金融サービスを提供し...
STO

マルコポーロネットワークと貿易金融の効率化について|ブロックチェーンで取引データを共有

マルコポーロネットワークは貿易金融における取引データの即時共有システムの構築を目指し、試験運用を行なっていました。 R3のブロックチェーンである「Corda(コルダ)」をつ活用したこの取り組みはすでに70組織以上が参加をしており、企業...
ブロックチェーン

ブロックチェーン技術を活用したチケット発券|高額転売防止と発行プロセスの効率化

スマートコントラクトを活用したチケット発券によって、不正転売を防止する取り組みが行われています。 チケット販売のデジタル化によって、紙のチケットを発行する経費を削減することができ、発行プロセスの効率化を実現します。 チケット発券...
STO

高級不動産のセキュリティトークン化について|SmartlandsとSothebyの取り組み

ブロックチェーンを活用した資産のセキュリティトークン化は、ここ数年、金融市場において大きな注目を集めています。 SmartlandsとUK Sotheby's International Realty(以下、Sotheby)は、高級不...
STO

中国海南省が10億元(約155億円)規模のブロックチェーン基金を設立

中国では海南省においてブロックチェーン企業への融資を行うことを目的に10億元(約155億円)規模の基金を設立することが明らかにされています。 海南省には、海南自由貿易区(FTZ)ブロックチェーン試験区があり、「ブロックチェーン...
STO

Securitize(セキュリタイズ)BUIDLを子会社化|証券のデジタル化を促進へ

アメリカのセキュリティトークン発行プラットフォームであるSecuritize(セキュリタイズ)は、日本企業であるBUIDLを買収し、100%子会社とすることを明らかにしています。 日本市場では証券取引システムのデジタル化への取...
ブロックチェーン

モビリティ分野におけるブロックチェーンの活用事例|MaaSと自動決済

モビリティの分野では、小田急がシンガポールのモビリティーXとの連携を行うなど積極的な取り組みを行なっています。 小田急は、すでに新宿駅などでMaaSアプリ「EMot(エモット)」の実証実験を行っており、目的地までの経路検索をす...
STO

金融のデジタルトランスフォーメーション(DX)|ドイツ証券取引所や中国銀行の事例

ドイツ国内の証券取引所の統括を行なっている企業グループであるドイツ取引所は、コメルツバンクやクレディスイス、UBSとの共同で債券取引への分散型台帳技術の導入への取り組みを行なっています。 証券取引の分野では、デジタルトランスフ...
STO

Progmat|スマートコントラクトによる証券取引の効率化・「T+0」の実現

証券取引の効率化を目指し、ブロックチェーン技術を活用する取り組みが行われています。 日本では約定から決済まで3日ほどかかる(T+3)など、煩雑な手続きが長年の課題とされてきました。 照合業務においては、投資家が運...
STO

Equisafeフランス初の不動産STO|15のSTOプロジェクトを計画

パリの西部郊外にある高級不動産であるAnnA Villaは、フランス初の不動産担保セキュリティトークンとして2019年6月に発行されました。 フランスのデジタル投資銀行「Equisafe」は、セキュリティトークン発行業務などを...
ブロックチェーン

量子スプレマシーとブロックチェーン|量子ゲート・一方向量子計算について

現在開発が進められている量子コンピューターは、極低温でしか働かないものと室温で働くものがあり、東京大学などでは室温でどこでも使える量子コンピューターの開発が行われています。 また、下記のような分類もされています。 量...
STO

タイのSTO市場・暗号資産規制|SE DigitalやICOポータル

タイでは投資家保護を目的とした暗号資産に関する規制の修正を行い、国際的な競争力を向上させ、市場の成長を促進させることを明らかにしています。 タイ証券取引委員会(SEC)は、2020年にも暗号資産ビジネスに関する法律の改正を予定...
STO

ハイブリッドIPOとは?金融の効率化とSTO市場について

世界的なチェスの大会を運営する「Worldchess」(イギリス)が、セキュリティトークン発行後にIPOを行う「ハイブリッドIPO」を発表しました。 IPO前にSTOによる資金調達を行うこの取り組みは世界的にも珍しく、「Wor...
デジタル通貨

デジタル人民元の発行はいつ?一帯一路政策への採用や今後について

この記事では、デジタル人民元の発行や一帯一路政策への採用についてお伝えいたします。 中国ではブロックチェーンの国家標準委員会が設置されるなど、国と政府が主体となって技術革新を目指す取り組みが行われています。 より...
デジタル通貨

ビックテックと金融サービス|キャッシュレス決済やデジタル通貨の今後

2017年の年末年始にかけてビットコインなど暗号資産が爆発的に普及してから早くも2年が経とうとしていますが、ボラティリティの激しさから決済手段としては広まらず、最近ではポイントサービスとの連携やキャッシュバックサービスの展開によって利用者拡...
STO

セキュリティトークンとトークン化された証券の違い|「Progmat」「ibet」について

世界ではアメリカやドイツを中心にセキュリティトークンの発行が行われており、日本においても来年春に予定されている法改正を目前に控え、大手金融グループによるセキュリティトークン発行プラットフォームの発表が相次いで行われています。 ...
STO

セキュリティトークン取引所「iSTOX」に東海東京が出資へ

法規制に準拠した既存金融システムにブロックチェーン技術を活用する取り組みは連日のように報じられていますが、アジア市場においては中国人民元デジタル通貨発行など、中国が中心となってブロックチェーン技術の発展が行われると予想されてます。 ...
最先端技術

米フェイスブック、決済サービス・フェイスブックペイを発表

米フェイスブックは、決済サービス「フェイスブックペイ」を実装すると発表した。フェイスブック傘下のカリブラが進めるステーブルコインプロジェクト・リブラに先駆けて、リリースする形となる。ユーザーは、クレジットカードやデビットカード情報を連携させ...
デジタル通貨

アントフィナンシャル企業向けブロックチェーンプラットフォームを開始

アントフィナンシャル(Ant Financial)は、中小企業向けのブロックチェーンプラットフォームの展開を予定していることが明らかになりました。 すでに260件以上(2019年5月時点)ものブロックチェーン関連の特許を提出し...
デジタル通貨

【G7邦訳】リブラG7最終報告書・エグゼクティブサマリー全訳

グローバルなステーブルコインの影響に関する調査 テクノロジー革新と金融サービスの現実 テクノロジーの革新は、金融サービスと金融商品の提供を変革しています。とりわけ決済サービスは、新しい支払い方法やプラットフォーム...
STO

G7・G20で米フェイスブック「リブラ」に猛烈な逆風

G20、米フェイスブック「リブラ」の発行を当面認めず 日本時間19日未明、20ヶ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が米国ワシントンで閉幕した。当初より、米フェイスブックが主導するステーブルコインプロジェクト「リブラ」の規制に焦点が...
タイトルとURLをコピーしました