STO解説

ARYZE(デンマーク)STOで2900万ドルの資金調達へ

 

ARYZEは2020年第1四半期における新たな事業展開のために、STOを実施し、2900万ドルの調達を目標としています。

 

RYZEトークンは米国とEUの適格投資家にむけて販売され、一般投資家に向けては販売されていません。

 

ARYZEはプラットフォームRYZEnetの開発を行っており、ブロックチェーン技術を活用した金融インフラストラクチャの構築を目指しています。

 

RYZEnetでは、デジタルキャッシュの発行、譲渡、償還システムが施され、金融業界に新たな革新をもたらすとされています。

 

ARYZEについて

 

規則:米国証券取引委員会(SEC)-RegD(506c)
トークンシンボル:RYZE
トークンの種類:ERC777
総供給トークン:515707536
価格:1RYZE = 0.10ドル
最小目標: $ 29,000,000.00ドル
募金目標: 31,000,000.00ドル
最小投資:100,000.00ドル

https://stoscope.com/sto/aryze

 

これまで、金融機関を経由して国際送金や支払いを行う際には、非効率なシステムによって高額な取引手数料が課せられてきました。

 

国際送金市場は年間約6,580億ドルの規模を誇り、年間手数料の総額は460億ドル(平均手数料7%)にも及んでいます。

 

ARYZEはこの社会的課題を解決するべく、国際送金へのブロックチェーン技術の導入に取り組んでいます。

 

Digital Cashについて

Digital CashをARYZEは発行し、RYZEnetプラットフォームを介して、より迅速で取引手数料を削減した国際送金手段を提供しています。

 

RYZEnetプラットフォームにおいては、相互運用可能となっており、より多くの利用者を見込んでいます。

 

企業は支払いの管理にかかる費用を最大80%節約でき、 外国人労働者が費用をかけず、安全に国際送金を行うことができるとしています。

 

ARYZEは、ジャックニコゴシアン(CEO)とモーテンニールセン(CFO)をはじめとして金融に関する専門家で構成されています。

 

ジャックニコゴシアン(CEO)は、ブロックチェーンの専門家の一人として広く知られており、ニールセンはUBSやJPモルガンで上級職を経験しています。

 

ARYZEの実績

・デンマークで最初に成功したICO
・Copenhagen Fintech Week 2018
・ベンチャーカップデンマーク2018
・People’s Choice(SDG Tech Awards 2019)
・Top 50 Nordic Impact Company(The One Initiative 2019)
・Tame Investor Series 2019

 

ARYZE 今後のロードマップ


・2020年:米国市場参入
・2021年:従業員60人に増加
・2023年:20通貨に対応

 

参考文献

https://aryze.io/

An Introduction to ARYZE Security Token Offering (STO)

Danish crypto company Aryze launches STO – aims to raise $26 million

ARYZE launches Security Token Offering to finance global payments business

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA