芸術作品の管理にブロックチェーン技術が利用される

ブロックチェーン
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現在のアート市場は一部のトップアーティストによって成立しており、多くの芸術作品やアーティストは日の目を見ないままにアートの現場から身を引いてしまっています。

年間1万の人々が美術系の大学を卒業しているもののアーティストとして活動できるのはその中でも2人とも言われています。

インターネットの普及によって多くのものやことがネット上で売買できるようになりましたが、アート作品は「展示会での展示歴」、「どのような人から購買されたか」といったように価値基準が曖昧で独自のものでした。

そのため自動的に売買することが難しく、閉鎖的な市場とされてきました。そのような問題を解決するためにスタートバーン株式会社はStartbahn.orgを開発・運営しています。

このサービスはABN(アートブロックチェーンネットワーク)の一環を担い、世界中のアート作品の流通や来歴情報を管理することを目指しています。

スマートコントラクトによってアーティストの評価や信頼性の記録をマネジメントするだけではなく、還元金の設定なども可能になります。

ブロックチェーンによってアート作品をコンテンツとしてより流動的なものとするだけでなく、将来的には分散的所有やアートそのものの価値に変化をもたらすことが期待されています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました