2019-06

国際金融・経済

アメリカの利下げによる円高株安の可能性|日銀のETF買い入れについて

アメリカでは景気減速への懸念からFRBパウエル議長が利下げを示唆する発言を6月19日の連邦公開市場委員会(FOMC)で行いました。 「An ounce of prevention is worth a pound of cur...
STO

Kriptomat STOホワイトペーパー解説|エストニア暗号資産取引所

Kriptomatはエストニアで認可された暗号資産取引所で、EUの規制に準拠しています。 手数料の低さやシンプルでユーザーフレンドリーなデザイン性が特徴です。 22ヶ国語に対応し、ビットコインやイーサリアムをはじめとして...
STO

BlockState|スイスのセキュリティトークン発行プラットフォームについて

スイスはブロックチェーンの聖地・クリプトバレーが有名ですが、700以上のブロックチェーン企業の誘致に成功しています。 近年のスイスはUBSグループのマネーロンダリング幇助が国際的な問題となったことで、国際の見直しを迫られていま...
暗号資産規制

金融庁 事務ガイドライン改正案を公開|STOの今後は?

STOは「新しい資金調達方法」として注目を集めており、世界各国では法規制に準拠してセキュリティトークンの発行は行われています。 日本でも金融庁が事務ガイドライン改正案の中で、金融商品取引法の規制対象となることを明記しています。 ...
デジタル通貨

Libra 国際決済銀行(BIS)からの批判や収益化の仕組み

Libra(リブラ)は複数の法定通貨をバスケットにすることで、価格の安定性を保つステーブルコインの発行を計画しています。 Libraが発行するステーブルコインは分散投資と高い利回りが特徴であるETF(上場投資信託)のような仕組...
暗号資産規制

【G20大阪サミット】暗号資産規制を解説|FATFの取り組みや今後

今回は「20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)」を前に国際的な暗号資産規制への取り組みを解説をしていきます。 2019年6月28日、29日に行われる「G20大阪サミット」では、「解釈ノートとそのガイダンス(※1) 」を中心とした...
STO

Bitbond(ビットボンド)社債セキュリティトークンを発行

ドイツ国内ではじめてBaFin(ドイツ連邦金融監督所)に承認されたSTOである「Bitbond(ビットボンド)」は社債をセキュリティトークンとして発行することで、350万ユーロ(390万ドル)の資金調達を行なっています。 P2...
デジタル通貨

Libra(リブラ)に対する世界の反応|プロジェクト中断や規制の可能性

Libraプロジェクトについてヨーロッパ金融規制当局はFacebookが「シャドーバンク」になるのでは、と懸念を表明するなど、世界中から反対の声があがっています。 母国アメリカでは7月16日に公聴会が開かれる予定となっており、...
STO

VMCのSTO解説|MaaSとブロックチェーンの融合

VMCは「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」とブロックチェーン技術の融合に取り組んでいます。 交通機関での支払いをブロックチェーン上で行うことで、より効率的なMaaS事業を実現できます。 ...
STO

SpaceFundOne STO解説|ブロックチェーンと宇宙開発

2040年代には1兆ドルの市場規模になることが予測されている宇宙産業。(ゴールドマン・サックス調べ) かつて宇宙旅行は天文学的な費用がかかりリスクも高いため、政府や資産家だけのものとされてきました。 しかし、最近...
デジタル通貨

Libra(リブラ)ホワイトペーパー解説|ステーブルコインの将来性

ファイスブックがステーブルコイン発行計画である「Libra(リブラ)」を発表し、世界最大の暗号資産取引所であるバイナンスもビットコインに裏付けられたステーブルコイン発行の計画を明らかにしています。 法定通貨やビットコインと価格...
STO

Resolute.Fund|アメリカ不良債権投資STOの特徴や配当について

Resolute.Fundはアメリカで「不良債権投資」事業に取り組んでいます。 サブプライムローンによる不良債権は小口化されていたため、個人投資家でも投資することができるようになりました。 それをポートフォリオと...
STO

Swarm(スウォーム)|STOプラットフォームの仕組みや事例

Swarm(スウォーム)は限られた投資家しか参加できないオルタナティブ投資に一般投資家も参加できるプラットフォームとして話題を集めています。 未公開株や不動産をセキュリティトークン化することで、より利回りのいい投資に一般投資家...
STO

healthbankのSTOについて|医療データプラットフォーム

ヘルスバンク(healthbank)は個人の医療情報をクラウド上で管理するプラットフォームを開発しています。 今までは受診した医療機関ごとに情報は管理されており、患者が自分自身で医療データを管理することは不可能でした。...
STO

FvnditのSTOについて|ベトナム中小企業へのP2Pレンディング

Fvnditはベトナムの中小企業への融資をより簡単にできるように作られたプラットフォームです。 P2Pを利用したレンディング事業を通じて貸し手と借り手を結び、ベトナムにある中小企業の資金調達をサポートするサービスを展開していま...
ブロックチェーン

用語集-2

・Weiss Ratings アメリカの格付け機関。幅広い金融商品の格付けを行います。格付け機関としては初めて暗号資産の格付けを行い、現在でも暗号資産の号資産の格付けというとワイスという認識がされています。 ・SCAM 英語で「詐...
STO

用語集-1

・公開鍵暗号 暗号化と復号化に別々の鍵を用いる暗号方式です。暗号化に使われる鍵は公開し、復号化に使われる鍵は秘密にすることで、暗号の強度を高める暗号方式です。 ・ナンスとハッシュ値 ナンスは「一度だけ使われる数字」を意味する32ビット...
デジタル通貨

【ステーブルコインとは?】仕組みや種類・必要性について

ステーブルコインは暗号資産業界の発展に重要な役割をもつとされています。 この記事では、ステーブルコインの定義、暗号資産業界の発展における役割、そしてステーブルコインの有望なプロジェクトについて紹介します。 ステーブルコイ...
ブロックチェーン

AB InBev ビールにおけるブロックチェーンの活用

ベルギーに本拠をもつ酒造メーカーAB InBev(アンハイザー・ブッシュ・インベブ)はザンビアにおけるビール醸造事業においてブロックチェーン技術を活用しています。 これまではオオムギ麦芽を使用することが多かったビール醸造ですが、「AB...
STO

STO・ICO・IPOの違いについて

STO、ICO、IPOはそれぞれSecurity Token Offering、Initical Coin Offering、Initial Public Offering の略です。 この三つに共通している「Offering」という...
STO

tZERO|アメリカのSTOプラットフォームの内情は?

tZEROとは世界最大とも言われているアメリカのSTOプラットフォームです。2014年10月にtZEROはウォール・ストリートに革新をもたらそうとOverstock.comの子会社であるMedici Venturesから改名、設立されました...
暗号資産規制

シンガポールの暗号資産規制

シンガポールは暗号資産の発展に積極的です。国内にはビットコインを始めとした暗号資産を取り扱う ATM があります。 まだ歴史が浅い国であり、既得権益が日本と比べて少ないため、本来ライバルとも捉え得る証券会社なども協力的です。 ...
タイトルとURLをコピーしました